今注目のギタリストMIYAVI氏の使用で話題のTaylor T5-C1が入荷!!

アコースティックギター エレキギター
今注目のギタリスト「MIYAVI」氏の使用で話題のTaylor T5-C1が入荷致しました!!
「MIYAVI」氏は、革新的なスラップ奏法を主に用いて演奏するスタイルをとっています。
アグレッシブでリズミカルなサウンドは現代のギター奏法に一石を投じているようで、実に新鮮で画期的であります!!
そんな「MIYAVI」氏が、ライブやプロモーションビデオなどで披露していたギターは「TaylorのT5シリーズ」。
当店にはT5-C1とT5-S1が入荷致しましたが、今回はT5-C1をフィーチャーしてご紹介いたします!!

 

画像 001まず、TOPには極上のキルテッド・メイプルが採用されています。
見る角度、光のあて具合によっても表情が様変わりするこの杢目は最高です!!

画像 020次に、一番気になるであろうBODY内部の構造ですが。。。
BODY BACKのパネルをそ~~っと開けて確認してみました!
内部はホロー構造になっており、Taylorアコースティックでも有名なExpression System Pickupを基にしたピックアップシステムも搭載されています。
ピックアップはスタック構造のハムバッカーで、TOPからも確認できるブリッジピックアップと目視できないNECKピックアップがマウントされています。
さらに、BODY振動を捉えるBody Sensorとの融合で、画期的なサウンドを得ることが出来ます!
通常のエレキギターでできるピックアップセレクターの切り替えでは考えられないほど繊細かつ臨場感あるサウンドを得ることが出来ます!


画像 012 画像 011 画像 010


画像 013そして、TaylorギターといえばNECK JOINTでしょう~~!!!
Taylorアコースティックギターでは革新的なNT-NECKを採用しています。
このモデルにもSINGLE BOLT-ON構造というNT-NECKにインスパイアされた構造がとられています。


画像 018 画像 019さらに、指板上のポジションインレイも特別なインレイが採用されています。
また、ヘッドプレートには渋い風合いのEBONYの杢目が見られます!


画像 029最後に、SCHECTERやTOM ANDERSONのギターでもお馴染みですが、BODYエンド部にはストラップピンが2つ取り付けられています!
これは立って構えたときに、ヘッド落ちを防ぐためオーナーがチョイスできるようにしたのでしょう!
これもライブなどで立ってアグレッシブに演奏できるように製作側の想いもこちらに伝わってくるようですね~~。


画像 021今回は、T5-C1をご紹介いたしましたが、T5-S1も入荷しておりますのでそちらも併せてチェックしてくださいね♪

Category

Recent Posts