YAMAHA アコースティックギター LL26AREはこう変わった!!

アコースティックギター
今年2014年3月にYAMAHAアコースティックギターのLシリーズが10年ぶりにリニューアルされました!

YAMAHAのLシリーズといえば伝統のあるYAMAHAアコースティックギターの上位機種にあたるモデルです。

LL6、LL16、LL26、LL36・・・とレギュラーではこのようにラインナップされています。

この度のリニューアルによって、今までLL26以上のモデルにしか採用されていなかったARE処理がLシリーズすべてのモデルに施されています!

このARE処理は、YAMAHAが特許を取得している「Acoustic Resonance Enhancement」のことで、あたかも長年弾きこまれてきたかのような鳴りを実現しています!

今回は、LL26AREのNEWモデルと旧モデルを比較していこうと思います。

ll26are2014 ll26are2013

 

左が2014NEWモデルのLL26ARE、右が旧モデルのLL26AREです。

正面から見るとほぼ見分けはつきません。

が、、、背面から見ると一目瞭然なのです!

2 1

NECK裏は5ピース構造は変わりませんが、NEWモデル(左)はマホガニーとローズウッドの構成、旧モデル(右)はマホガニーとパドック(Padoauk)の構成。

Padoaukといえば、WASHBURNのN4ヌーノモデルで使用されていたことでも有名で、耐久性にも優れている材です。

ローズウッドとパドックでは色味が全然違うので分かりやすいですね♪

また、NEWモデル(左)にはNECKとヘッドの境に「ボリュート」ができており、ここで耐久性が出ています。

4 3

ヘッド裏を見ても、違いは一目瞭然!

NEWモデル(左)にはヘッド裏に化粧板がついており、デザインの違いも分かりますね。また、一番の違いは。。。

6 5

こちらのNECKヒール部も併せてご覧下さい!

この一番の違いは、、、

ヘッドを含めた「NECKの構造」が根本的に違うのです!!

NEWモデル(左)は、マホガニーとローズウッドの5ピースですが、この間に入っている2本のローズウッドがヘッドの先端まで、及びNECKの付け根まで届いていないのです!

旧モデル(右)は、マホガニーとパドックの5ピースで、ヘッドの先端まで、及びNECKの付け根まで届いているのです!

この構造の違いはサウンドに与える影響が大きそうですね♪

さて、次にプレイアビリティに関する違いはというと。。。

8 7

弦間ピッチです!

NEWモデル(左)のほうが僅かに(メーカー公表0.3mm)広がっているのがお分かりいただけますでしょうか。

さらに。。。

12 11

NEWモデル(左)のほうが10フレット部で僅かに(メーカー公表1mm)薄くなっています。

また、弦高に関しては、NEWモデル(左)のほうが6弦側をやや低く、1弦側をやや高くしているようです。

ただ、、、弦高は個体差もあると思うので、ここでは敢えて言及は致しません。。。

最後に、BODY内部のブレーシングでは。。。

10 9

画像は、こちらもNEWモデルが左で、旧モデルが右です。

NEWモデル(左)では、ブレーシングを低くし形状も四角に変更されています!

現在、当店には在庫超僅少ながらLL26AREのNEWモデル、旧モデルの在庫があるためサウンドの比較も致しました!

NEWモデル(左)は低音がタイトで、まとまりのあるサウンドが格別です!

逆に旧モデル(右)は、ややラウド気味で暴れたサウンドが魅力的です!!

さあ、どちらを取るか。。。

もうこのクラスになると正直好みの違いになりますね♪

 

 

 

Category