TC Electronic Flashback Triple Delay速報!!

エフェクター
イシバシ楽器WEBSHOPエフェクター担当です。
本日より発表となった 注目のペダルTC Electronic Flashback Triple Delay!!
こちらの最新機種をいち早くご紹介致します!!

兼ねてより、ディレイのサウンドクオリティーに定評のあるTC Electronicですが、Flashback Triple Delayは
一言でいうと「ディレイマニアも思わず唸る、TonePrint対応/3エンジン・ディレイ」
独立したディレイ・エンジンを3基搭載し、3種類の異なるディレイタイプを同時に、しかもそれぞれ異なるサブディヴィジョン(符割)で鳴らせ
ディレイ間のシリアル/パラレル(直接/並列)・ルーティング切り替え機能を搭載しています。

このペダル一台でコンパクトタイプのディレイを3台並べ、その3台の接続方法をシリアル/パラレルでスイッチ一つで変更が出来ます。
ルーティング切り替えを行う事で思いがけない劇的な変化があるかもしれません!!



【主な特徴】
・3ディレイ・エンジン搭載:同時に3種類のTCクオリティー・ディレイを異なるサブディヴィジョンで使用可能
・TonePrint x 4スロットを含む合計16種類のディレイタイプ搭載
・11種類のサブディヴィジョンを用意
・各ディレイ間のシリアル/パラレル・ルーティング切り替えが可能
・タップテンポ対応:タップスイッチを踏むことで、Onになっているディレイのテンポ指定/同期が可能
・エクスプレッション・ペダル対応:リアルタイムでディレイのパラメーターを操作し、さらなる表現力の拡大へ
・MIDI In/Thru端子装備:MIDIによる外部コントロールやテンポ同期に対応
・ステレオ入出力対応:広大なサウンドスケープの演出が可能
・トゥルーバイパス&アナログドライスルー仕様:ゼロレイテンシーで原音のサウンドを損ないません
・超ワイドなヘッドルームを確保:ギターレベル/ラインレベルに両対応



 

Flashback Triple Delayは特にステレオ使用時にはPINGPONGモードでワイドで幻想的なサウンドをつくることが可能です。


ディレイモード:1→PINGPONG、2→2290、3→REVERSE
最大3つのディレイを重ねサウンドを作り出すことができるという、世界的ディレイ・メーカーであるTC Electronicの独創性が光るモデルです!

 

Flashback X4の上位モデルの位置づけとして発表になったFlashback Triple Delayですが、実際に比較していきます。
筐体は同じものを使用しており、サイズ、スイッチ、ツマミ位置、バックパネルは両者同じです。
大きな違いはコントロール部分とスイッチ部分、そしてルーパー機能の有無、の3点になります。

Recent Posts