Epiphone / Sheraton II Ebony お買い得です!

Epiphone エレキギター
ギブソン社がセミアコースティックギターES-335を発売した1958年と同時期に、ギブソンカラマズー工場という同じ工場にて生産され、誕生した「Epiphone Sheraton」をご紹介!

ボディの形状はES-335と同じく、ボディ内にセンターブロックを持ったセミホロー構造。発売当時はピックアップにミニハムバッカーが搭載され、テールピースにはエピフォン・オリジナルのTremotone Vibrato(トレモトーン・ビブラート)が採用されておりました。

現在は、Sheraton IIとして、ハムバッカー・ピックアップ、ストップ・テールピース仕様となり、中国のエピフォン工場で生産されるお求めやすいモデルとなっております。

80-311786700_2

 

ギブソンの廉価版とはいえ、大きいヘッドに蔓(つる)をイメージしたヘッドストックインレイ、ヘッドとボディ周りに施されるマルチプル・バインディング、そしてゴールドパーツ等、豪華な装飾で、ギブソンとはまた違う魅力が詰まっております。

近年のアジアで生産されるギターは一昔前と比べ、格段に品質向上された素晴らしい作りが魅力ですね。

80-311786700_6

 

実際のサウンドは、セミアコながら、ホローボディ特有のエアー感は少なく、センターブロックの効果が十分に発揮され、太めのラウンドネックの影響もあり、ソリッドギターに近いストレートに響くサウンドで、ジャズ、ブルースはもちろんの事、アンプをドライブさせたロック・サウンドにも十分すぎるほど対応してくれるオールマイティなギターとして使えるモデルです。

80-311786700_11

 

エピフォン・シェラトンを使用していたギタリストと言えば、「キング・オブ・ブギ」の名で知られるブルース・ギタリスト「John Lee Hooker(ジョン・リー・フッカー)」、今年のFUJI ROCKでも熱演を繰り広げた元オアシスの「Noel Gallagher(ノエル・ギャラガー)」、自身のシグネチャーモデルも発売中の「Tom Delonge(トム・デロング)」が有名ですね。

 

そんな名機が只今、お買い得価格で大放出中!

こちらは現行品のコイルタップが搭載される以前のモデルで、生産完了品となっております。

この機会を是非お見逃しなく!!

 

 

 

Category

Recent Posts