【Vintage File】#6 Martin 1969年製 D-18 ~玄人好みの銘器~

Martin アコースティックギター ヴィンテージ
【Vintage File】第6回、前回に続いてMartinの紹介です。
前回紹介させて頂いたのは1974年製のD-35でしたが、今回取り上げるのは1969年製のD-18。5年先輩にあたる個体ですね。

IMG_3889

こちらも丁度修理が完了して渋谷店に入荷したばかりの個体です。
これから細部のクリーニング後に展示致しますが、各所を見てみましょう。

IMG_3871 IMG_3873

スプルーストップ、マホガニーサイド&バックのドレッドノート・ボディ。
D-28やD-35と比較すると、バインディングが黒色であったり、指板やブリッジがローズウッド(ハカランダ)であったりと、全体的に引き締まったマッシブな印象の強いルックスです。無骨ながら味わい深い雰囲気を漂わせた60'sヴィンテージ・ギアですね。

IMG_3875 IMG_3877

前回のD-35と同様の所謂「ミルクボトル」タイプのグローバー・ロトマチックペグですが、"Patent Pend"=特許出願中の刻印入りの時期のものです。
ヘッドの形状は60年代前期や中期と比較するとやや角ばってきた時期のものですが、それでも70年代以降のものと比較すると、全体的に丸みを帯びた形状となっています。

IMG_3878 IMG_3880

1969年製、使用材がブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)からインディアン・ローズウッドに切り替わるぎりぎりのタイミングで作られた個体ですが、本器は丁度ハカランダ最終期にあたる個体で、指板、ブリッジ共に見事な木目です。ボディトップにはうっすらとベアクロウが出ており、飴色に変色し見る角度によって表情が変わる趣深いルックスです。

内部も見てみましょう。

IMG_3882 IMG_3885

全体的には前回のD-35と同様のノンスキャロップXブレーシングですが、トーンバーの削りこみの開始場所や、エンドブロックの補強材等、細部の形状は異なっているのが見て取れます。全体的にはD-18の方が強固に作ってある印象で、サウンドに影響を与えている事が伺えます。ネックブロックの形状も良く見ると違いますね。

IMG_3828 IMG_3831

参考までに、こちらが前回の'74年製 D-35の内部です。

IMG_3888

ケースはノンオリジナルですが、70年代後期~80年代にかけて採用されていた通称ブラック・ケースです。


駆け足で見ていきましたが、如何でしたでしょうか?
過去の歴史上はD-28やD-35と比べると格下に見られてしまう事も多かったD-18ですが、長年熟成されたマホガニーならではのウォームかつ抜けの良いトーンはMartinの他のモデルでは味わえない魅力です。バンドアンサンブルの中でも音抜けが良く、かつボーカルを潰さず曲を支えてくれるため、がんがん弾くタイプのプレイヤー層からの支持も厚いモデルです。

2012年のモデルチェンジ以降、最新スペックのD-18は、所謂プリウォー・ヴィンテージスタイルとモダンスペックのハイブリッド仕様となっていますが、ウッディかつ抜けの良いこの時期のD-18の魅力もやはり捨てがたいですね。ヴィンテージならではの味わい深さと、プレイヤーズ・ギアとしての実力を兼ね揃えた銘器と言えます。

次回の【Vintage File】も、お楽しみに!

>>過去の【Vintage File】など、その他ヴィンテージ関連の記事はこちらをご覧ください。

この記事を書いた人

佐藤俊太
渋谷店リユースマネージャー。普段は渋谷店に籍を置きつつ、イシバシ社内のエレキやベース、アンプ等含めた海外でのヴィンテージ楽器の買付も担当、定期的に渡米し現地のディーラー/コレクターと直接交渉を重ね買付を行っている。特にアコースティックギターに精通しているが、プライベートではパンクやガレージロック、ダークなアンビエント等を好み、愛器は1970年製Guild Bluesbird、モディファイした近年製SG Special、自作のストラト・タイプ、Mayonesの7弦などなど。個人的にはヴィンテージ/近年製問わずアクの強い楽器が大好物。はじめての楽器選びから一生モノとなるとっておきの1本まで、皆様の愛器との時間が最高のものとなるべく、精一杯お手伝いさせて頂きます。

Category

Recent Posts