【Washburn通信】第7回 ついにヌーノが来日!!! ツアーの裏側も含めたレポート!!!

Washburn イベントレポート エレキギター
Hi!!どーもーWashburn 担当の近藤でございます。
【Washburn通信】と銘打ったコラム第7回ですyo♪

今回はWASHBURN通信というか・・・まるでEXTREME通信(笑)かもしれませんがお許しください・・・

という事で・・・

日本全国のEXTREMEファンのみなさま、そしてNunoを愛してやまないみなさま、とうとう日本にやってきましたね!!!

今回のEXTREME来日ツアーの日程は以下の通りでした。
2016年9月29日(木) 昭和女子大学 人見記念講堂
2016年9月30日(金) チームスマイル仙台PIT
2016年10月3日(月) あましんアルカイックホール
2016年10月4日(火) Zepp Nagoya
2016年10月5日(水) TOKYO DOME CITY HALL

ちなみに私、あましんアルカイックホール(兵庫県だけどOsaka!ってゆーてましたね・・・)とTOKYO DOME CITY HALL(東京)見に行きました!
今回は、その裏側も含めたレポートをお送りいたします!

ライブ自体は各アルバムから網羅された名曲オンパレード(ツアー前半のショウでは4thアルバムからは無しという事もありました)で、会場は大いに盛り上がりました!

今回の公演、各会場にて「撮影ok(フラッシュNG)」の模様で、スマホ片手にみなさん撮っていました。(もちろん私も)

今回は知人の協力も仰ぎ、近距離での撮影に成功しましたyo!

という事でライブの様子をみなさん思い出すように・・・・ドンッ!!!

20161015161514 20161015161531 20161015161546  20161015162153 20161015162223  20161015162256 20161015162320 20161008182435 201610081824552016101516160220161015162240

いやーかっこいい!!!

圧倒的な演奏力、ライブパフォーマンス!
Vo.ゲイリー・シェローンの動きに圧倒され、Dr.ケヴィン・フィグェリドのどっしりと安定したリズム、Ba.パットのリフを刻むベースと美しいコーラス、そして我らがヌーノ・ベッテンコートのギタープレイ(と、歌声!)に酔いしれ、あっという間のショウでした♪
今回の目玉でもある3rdアルバム『Ⅲ Sides to Every Story』の組曲「Everything under the sun」のライブ初披露ですが、キーボーディスト西脇辰弥氏のサポートもあり、感動的な曲でしたYO!!!
そーいえば当時大活躍したパドュークのN4EPNM使いませんでしたね・・・(涙)
残念・・・

 

ここでお宝画像♪

なんとリハの風景をゲット!

こちらです。ドンッ!

20161015161329 20161015161306 20161015161247 20161015161220 20161015161234 20161015161142 20161008182623  20161015161502

 

衣装も含め本番とは違うラフな感じがいかにもリハっぽいですね♪
まあ本当にリハなんですけど(笑)

今回のツアーでは一部のVIP客(VIPパッケージを購入の方々)にリハ公開やメンバーと一緒に写真やサインといった特典がついた事もあり、お客様大満足のツアーでした。

ちなみに今回の画像協力頂いたお客様(綿谷様ありがとうございます!)もエクストリームのメンバー達とのワンショットを頂きました!

20161015162425

持っているギターはなんとP4 Azores!!!(レア!!!)

 

という事でここまでは普通のライブレポートと変わらないですが・・・
ここからが【Washburn通信】ならではのネタ!

 

 

さて、

 

 

これは何でしょうか?

DSC_0842

ステッカー部のアップ

DSC_0855

『縁4』と書いてあります♪

 

ヘッド部には・・・

DSC_0851

『ヌーノ・ベッテンコート専用機』(笑)
※作業時に「ッ」の一部がはがれた模様・・・

 

実は・・・

Photo Oct 05, 2 59 43 AM

我々、WASHBURN日本輸入代理店の石橋楽器店より、ヌーノへのサプライズプレゼントだったんです!!!!!!!!!!!!!!!!

ちなみに『縁4』は発音的に「エン・フォー」なので、「ヌーノ」「WASHBURN」「イシバシ楽器」「日本のファン」の4つの「縁」を表し、ヌーノへの感謝の意持ちを込めたサプライズプレゼントを手渡ししました!!!

Photo Oct 05, 2 58 07 AM

ヌーノ:コレは何て書いてあるの?

筆者:「ヌーノ・ベッテンコート専用機」です。あなたのモデルですと書いています。
シャア専用機みたいでカッコイイでしょ?(笑)

※会話は少しフィクションが入っています。

Photo Oct 05, 2 57 17 AM

筆者:これは「縁」って書いてあって、日本語で「つながり」という意味というか、リレーションシップって言うのかなー・・・?(もちろん通訳交えています・・・)

というように意味合いを説明し、日本のイシバシ楽器からのサプライズプレゼントに喜んでいただけた様子♪
先日50歳!?の誕生日を迎えたヌーノに、来日記念と合わせてのプレゼントでした!

Photo Oct 05, 2 59 55 AM

今回の来日は私にとってもサプライズがありました!!!

詳しくは 『心斎橋店にヌーノが来た!!!』 、 『パットとケヴィンも心斎橋店に来た!!!』 を、読みください。

 

という事でヌーノのサイン入りギターもいくつかの店に在庫がありますyo!!!

『ヌーノ直筆サイン入りギター』

早い者勝ち!!!

 

さて、皆様・・・Washburn(ワッシュバーン)というブランドとNuno Bettencourtモデル『N4』に興味が出てきたでしょ?
詳しくは過去記事の
『【Washburn通信】第1回 ワッシュバーンとは?』
『【Washburn通信】第2回 どんな楽器があるの?』
『【Washburn通信】第3回 N4というギターを使うヌーノって誰?』
『【Washburn通信】第4回 ヌーノが使うN4ってどんなギター?』
『【Washburn通信】第5回 ヌーノが使うP4ってどんなギター?』
『【Washburn通信】第6回 ヌーノが使うN4 Padaukってどんなギター?』
をご参照ください♪

 

今回はオマケ動画なし!!!

 

では、また次回!!!

この記事を書いた人

近藤 貴彦
心斎橋店ストアマネージャーにしてWashburn Guitarsの担当者。 ヌーノ・ベッテンコートやポール・ギルバート等の90年代ギターヒーローに憧れた世代で、専門学校でギタークラフトを学んだ後にアルバイト入社し社員登用後、現在に至る。弦楽器だけでなくシンセや管楽器など幅広く担当をこなし、奇妙なギターが大好きという自称 天邪鬼で無駄話と無駄知識が大好きなベタ関西人。