「2016楽器フェア」レポート Part.3【アンプ関連】

EDEN Line6 Marshall ギターアンプ 新製品情報
2016.11/4~11/6に東京ビッグサイトにて開催された「2016楽器フェア」会場で
見つけた気になる商品をピックアップ!


【YAMAHAブース】

Marshall


IMG_5955

今回のMarshallブースは先日、発売になった「CODE」「ASTRIA」をメインに並べられています。
毎回お馴染みのMarshall Wallは今回は出現しませんでしたが、十分過ぎる量感のブースでした。

IMG_5954IMG_5953

Line6EDEN

Marshallエリアの隣には同社が輸入をしている製品も展示され、ベースアンプのEDENのスピーカーの壁・Line6社の新製品Spider Vが並んでいます。
その横には防音部屋もあり、音量を気にせず大音量で試奏する方もいました。

IMG_5952IMG_5951

【クロサワ楽器ブース】

Orange Amp


9月からオレンジアンプの代理店になったクロサワ楽器のブースにはオレンジのキャビネットをを埋め込んだ壁が出現!
ギターアンプ・ベースアンプが並べられ多くの試奏客で溢れかえっていました。
バッファ内蔵ABYスイッチャー ORANGE Amp Detonator、アクティブ・パラメトリックEQ TWO STROKEも並べられています。

IMG_5887IMG_5891

【モリダイラ楽器ブース】

Diezel


8月に発売になった「Paul」を展示。小型のヘッドながら出力45ワットの3チャンネルというライブ
で使うのに十分なパワーを持ったアンプです。

IMG_5872

Diezel社初のペダル型のプリアンプ「VH4」
ディーゼル社のフラッグシップモデル「VH4」の3チャンネル部を再現したプリアンプ。
ペダルサイズのプリアンプを待っていた方も多かったはずです!

IMG_5873IMG_5874

・Black Wing

日本初上陸の「Black Wing」アンプ。
コンボ・スタックの両タイプがラインナップされており、様々なタイプのアーティストに使われているようです。

IMG_5877

【メディア・インティグレーションブース】

Positive Grid


フラクタルオーディオ・ケンパーに続くモデルとして注目されているPositive GridのBIAS HEADに多くの人が列をなし、試奏していました。
本体のみでなく、タブレットでパラメーターをコントロール出来るのも大きな魅力です。

IMG_6084IMG_6085

【Pearlブース】

Hughes & Kettner


楽器フェア開催前に発表になったGrand Meister40が初お披露目に!
小ぶりなサイズながら十分な出力と出力を下げられるPower Soakを搭載し、DI内臓で自宅録音時に非常に力になってくれるアンプヘッドです。

IMG_5982IMG_5983

iPad&専用アプリでMASTER以外の設定を128通りプログラミング可能でリアルタイムなリモート操作が手軽に出来るのも大きな魅力です。

IMG_5981IMG_5984

DV MARK

幅20cmの超小型ギターアンプ・ヘッド MICRO50と同じサイズで250w仕様の新製品が展示されていました。

IMG_5976IMG_5977IMG_5975

DV LITTLE 250M と DV LITTLE GH 250の2機種
共に2チャンネル仕様になっておりクリーン/クランチ・リードの切り替えが可能。
250wのアンプヘッドながら重さが3kgを切るのは非常に魅力的ですよね。

【オールアクセス】

MATCHLESS


ブティック・アンプの新時代を切り開いたギターアンプ MATCHLESSも楽器フェアに合わせた新製品を展示!

IMG_5971
IMG_5968IMG_5970

上段はLG112 LTD 初期型モデルに使われていた旧タイプのハンドルを使用したクラシックなルックス。
下段はDC30 Switching DC30の基本回路はそのままにプリアンプチャンネルを切り替えが可能に。

【Roland】

Rolandブースには先日発売になったBlues CubeKATANA AMPも展示されていましたが、やはり注目は
5日に発売になったJC-22

IMG_5825

このサイズながらスピーカー2基搭載のステレオ仕様で、エフェクト・ループもステレオ仕様になっています。
内臓のコーラスもJC-120と同じで、JCシリーズでしか出せないサウンドです。

続く

Category