【新製品情報】注目度上昇中の日本製ピックブランド『MASTER 8』にニューモデルと新たなアーティストモデルが追加ラインナップ!

小物・アクセサリー 新製品情報 特集
日本の楽器業界でピック製造開発の中心を担ってきた、国内唯一のギターピック専業製造会社である「IKEDA PICKS (池田工業株式会社)」と、少数精鋭ながら数々のアーティストのギタービルドとカスタム・メンテナンスを行っている気鋭のカスタムギターブランド「L's TRUST」がダブルネームで設立した国産ギターピックブランド『MASTER 8』。

2016年11月、新たにレギュラーラインナップとして「INFINIX Hard Polish with Rubber Grip (インフィニックス・ハードポリッシュ w/ラバーグリップ) 」と4人のアーティスト・シグネチャーピックが加わった。各モデルとも、小さな「ピック」を深くまで知り尽くしたブランドだからこそ成し得る極上のクオリティを実現している。

Regular Series "INFINIX Hard Polish with Rubber Grip"


既にリリースされ、従来のピックにはない優れた「柔軟性(弾性)」「形状記憶性」「耐摩耗性」と弦に吸い付くような感覚でプレイヤーを魅了しているINFINIXモデルに、新たな研磨方法で加工を施したモデル。(形状はトライアングル、ティアドロップ、ジャズシェイプ)
IFHPR_TR IFHPR_ TD IFHPR_JZ

よりマイルドかつ骨太なサウンドを目指し、絶妙にラウンドしたエッジ面を実現。指にも吸い付くように馴染む手触りはプレイヤーに「安心感」を与えてくれている。
IFHPR_TR2 IFHPR_TD2 IFHPR_JZ2

そしてもう一つの特徴である、両面に施された滑り止め加工"Rubber Grip (ラバーグリップ) "。これがまたとても秀逸で、指へのフィット感が増し、常に安定した状態でピッキングすることが出来る。
《各シェイプ共通の表面ラバーグリップ》
IFHPR_RG1
《各シェイプ毎に異なるデザインの裏面ラバーグリップ》
IFHPR_RB5 IFHPR_RB3 IFHPR_RB4

ピックのしなり、グリップ感が感動的に絶妙で、磨き上げ(ハードポリッシュ)加工を施したことで、INFINIXシリーズの特徴である「シャープで弾けるようなアタック感」を残しつつ、独特の粘りがサウンドに太さを加えてくれるような印象だ。削れにくいので摩耗によりピッキングニュアンスが変化することも最小限に止めてくれている。「トライアングル」「ティアドロップ」「ジャズ」の3シェイプに厚さもそれぞれに3種類をラインナップしているので、自分のプレイスタイルやピッキングの癖に合ったピックに出会えるのではないとかと思う。

INFINIX Hard Polish with Rubber Grip は、MASTER 8 が「ギター/ベース・ピック」というカテゴリーにおいて、世界中のピックブランドの中でも一つ先を歩み始めていることを実感させてくれるアイテムと言えるだろう。

INFINIX Hard Polish Thumb Pick


MASTER 8 ブランドシリーズ初のサムピックは素材に「インフィニックス・ハードポリッシュ」を採用。前述の通り、絶妙なアタック感を備えたサムピックで、L/Mの2サイズがラインナップされた。
IFHPRTP_L IFHPRTP_M

Artist Series / CROSSFAITH " Kazuki " signature model


MASTER8_CF_Kazuki_PosterFIX 80-641143600_1 80-641143600_2
「MASTER 8 Artist Series」第3弾のアーティスト・シグネチャーモデルは、ヨーロッパや北米など海外でも精力的に活動し人気を博しているメタルコア/スクリーモ・バンド「CROSSFAITH」(クロスフェイス)のギタリスト、Kazuki氏のシグネチャーモデル。

第1弾として先にリリースされている同バンドのベーシストHIRO氏に続き発売となる。ライブツアーでの幾度もサンプリングを重ね、完成に至ったKazukiモデル専用オリジナルシェイプが採用され、ふくよかで先端のとがったティアドロップ・シェイプはきめ細やかなリフプレイからソロプレイ、バッキングプレイまで万能に対応する本人のこだわりが詰め込まれた形状となっている。デザインはCrossfaithのデザインを手掛ける「Margo's Dead」とKazuki氏本人による監修でポインセチアの花びらをイメージし、Kazukiのテーマカラーが際立つソリッドなものとなっている。

Crossfaithオフィシャルサイト

Artist Series / SPYAIR " UZ " signature model


SA_UZ_PosterFIX 80-641143700_1 80-641143700_2
次のアーティストシリーズは、国内アリーナツアーなど精力的なライブを行なっているバンド「SPYAIR」(スパイエア)のギタリストUZ氏のシグネチャーモデル。

素材として「DURACON(ジュラコン)」を用いている同ブランドのレギュラーモデル「D-801」シリーズとは異なり、ピックノイズの少ないラウンドエッジ加工を施しており、レギュラーシリーズにはないティアドロップ・シェイプがセレクトされている。ピック両面にはMASTER8エンブレムのサンドグリップ(滑り止め)加工が施され、サンドグリップ表面のラメ加工は業界初の新仕様となっており、デザイン面でもUZ氏本人の拘りを感じるデザインがなされている。

SPYAIRオフィシャルサイト

Artist Series / TOTALFAT " Jose " signature model


TFJose_PosterFIX 80-641143800_1 80-641143800_2
続いてのアーティストシリーズは、ロックフェスでも多くのオーディエンスを動員し人気を博している日本メロコア界のニューヒーロー「TOTALFAT」のボーカル/ギターのJose氏シグネチャーモデル。

Joseモデルも「DURACON(ジュラコン)」を用いている同ブランドのレギュラーモデル「D-801」シリーズとは異なり、ピックノイズの少ないラウンドエッジ加工を施し、弦への接触を考慮して加工の範囲も細かく調整がなされている。最大の特徴は格子状にデザインされたオリジナル・サンドグリップ加工により、通常のサンドグリップ加工よりも汗が溜まりにくく強固なグリップ感を実現。アグレッシブなプレイスタイルで活躍するTOTALFATだからこそ生まれた、激しいステージングにも対応するモデルとなっている。

Artist Series / TOTALFAT " Shun " signature model


TFShunOL_Fotor 80-641143900_1 80-641143900_2
Joseモデルに続き同バンドのボーカル/ベースのShun氏シグネチャーモデル。

こちらもJoseモデルと同様にピックノイズの少ないラウンドエッジ加工を施した「DURACON(ジュラコン)」を用いており、サウンドの輪郭を際立たせる効果のあるシャープで鋭角なトライアングル・シェイプを採用している。さらに、両面には MASTER 8 エンブレムのサンドグリップが施され、本人のようなハードなステージングにも対応できる仕様となっている。

TOTALFATオフィシャルサイト




各モデル発売日:2016年11月3日~

 

新発売モデルを含め、MASTER8ピックはイシバシ楽器WEBSHOPでもご購入いただけます。
MASTER8ショッピングページはこちらから↓↓↓
master8_press

以前『MASTER 8』を紹介したGuitar Quest記事はこちらから↓↓↓
M8GQBAN

この記事を書いた人

小川 友也
1983年生まれ、2006年入社。現在はWEBSHOPプロダクトマネージャーとして勤務。フェイバリットであるロック、オルタナ、パンク、ラウド、エモだけでなく幅広い音楽に精通。野外音楽フェスティバルやライブハウスにも頻繁に足を運び、常に音楽とともに生活する日々を送っている。「音楽と楽器の魅力を皆様にお伝えしていきます!」

Category