MartinギターNewカマーをご紹介!筆者好みのスモールボディー、OOL-17!

Gibson Gibson Montana Acoustic Martin NAMM SHOW 2016 アコースティックギター 新製品情報
年の瀬、すっかり寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
心斎橋店サブマネージャーの藤本です。私、毎年この時期になると、何かとバタバタしてしまいます。

今年もたくさんの方に『GuitarQuest』をご覧いただけたようでうれしい限りです。ありがとうございます。
今年最後の『GuitarQuest』も楽しんでいただけますと幸いです。

というわけで、今年の締めくくりは、私オススメのMartinニューカマーのご紹介!

スモールボディーのNEWカマー!


2016年に新しくラインナップに加わり、NAMM SHOWや楽器フェアなどでも大注目だったモデル、Martin OOL-17

2

所謂スモールボディーサイズです。「えっ、これMartin?!」というルックスが良いですね。

スプルースTOP、マホガニーSIDE/BACKのオール単板ボディー。フィニッシュはWhisky SunsetとBlack Smokeの2カラーです。

12-331443900-7872_l12-331428400-2798_l

指板、ブリッジはローズウッド。

ネックシェイプは近年Martinカスタムショップモデル等でも採用されているPAテーパーのLowオーバルシェイプ。ハイポジションでも肉厚すぎないシェイプで、その高い演奏性が人気です。

7 8

ヘッドの突き板はエボニー。ロゴはヴィンテージスタイルです。

そしてペグはGolden Ageのレリック仕上げのオープンギヤタイプ。

11 12

良い雰囲気ですよね。良い意味でこれまでのMartinらしくないというか・・・。

肝心のサウンドはというと、D-28などと同様のXブレーシングの影響もあってか、小ぶりながら良く鳴ります。ボリューム感は申し分なし、スモールボディーらしい小気味良さも持ちつつ、抜けの良いザクザクしたサウンドが心地良いです。

藤本オススメのNewカマーを是非お試しください!

禁断の比較?!Gibson、Martinスモールボディー対決!


ご紹介しましたOOL-17、やっぱり、あのモデルと比較したくなりますよね。

そうです、OOLとL-00・・・ダブル・オー・エルとエル・ダブル・オー。

15

うん、似てます。思ったとおりに似てます。比較し甲斐があります。

早速スリーサイズをチェック!

3

まずは、OOL-17は上から

ショルダー幅:267mm

ウェスト幅:218mm

ヒップ幅:374mm

16

お次は、L-00。上から

ショルダー幅:258mm

ウェスト幅:213mm

ヒップ幅:372mm


Gibson L-00の方が若干スリムでしょうか。

しかし、OOL-17も非常に抱え込みやすいボディーラインで、フィット感は抜群です。

どちらもスモールボディーらしいフォーカスされた音像が持ち味といえます。

それでも、やはりL-00はGibsonギターらしく骨太さ、無骨さを感じられ、OOL-17はMartinらしい柔らかさ、繊細さを持ち合わせているように感じます。

是非お近くの方は、この禁断の比較を体感してみてください!

215

>>イシバシ楽器全店のMartinギターはこちらから<<

>>イシバシ楽器全店のGibsonギターはこちらから<<

>>本日ご紹介したOOL-17はこちらから<<

2016年も大変お世話になりました。

2017年も皆様の素敵なミュージックライフをお手伝いできるよう頑張ります!

この記事を書いた人

藤本 賢
昭和61年生まれ(1986年)、神奈川県出身、左利き。父親の影響で小学生の頃よりギターを演奏。2008年入社、現在は心斎橋店サブマネージャー兼アコースティックフロア責任者。好きな音楽はロック、ソウル、R&B等ジャンルは幅広く、フェイバリットギターはGIBSON ES-335。今一番ほしいものは「スモールサイズのアコースティックギター」。

Recent Posts