【NAMM 2017現地レポート】エフェクター&アンプ Vol:3

Ibanez NAMM SHOW 2017 エフェクター ギターアンプ 新製品情報

Marshall



C2vHVQWUkAAy1WT

昨年秋に発売され売り切れ状態が続いているMarshall社による歴代Marshallのモデリングアンプ「CODE」シリーズのスタックバージョンも展示されています。
下のキャビネットはマッチングキャビネット「CODE 412」、4Ω 120W仕様になっています。

C2vHVQTUkAADbW5



日本での発売も待たれているジュビリーのミニサイズバージョン「2525」もセットで展示。
出力は20Wになっていますが、フルチューブですので逆に日本では扱いやすいかもしれませんね。

C2vHVN9UoAEigla



HEAD RUSH



今回のNAMM直前に発表された注目のマルチエフェクター「HEAD RUSH PEDAL BOARD」
NAMM開催後、なかなか現地スタッフから情報が来ない・・・・どうやら展示ブースが招待制で入ることが出来ず、5回断られて6回目で何とか入れた模様!

C2wpeuiXUAAPETA

この中に気になって気になってしょうがなかった「HEAD RUSH PEDAL BOARD」が・・・・・・ありました!

C2vUfMGUkAEcdnb

かなり重厚感のあるボディに鮮やかなディスプレイ画面。操作ノブも非常に少なく、ほとんどの操作はタッチパネルでのコントロールになりそうです。本体上部には"POWERED BY Eleven HD EXPANDED"のロゴも!

C2vUfMGUkAIpMQB

画面には聞いた事あるようなペダルの名前や、ヘッドやキャビネットが複数並んでいます。
この画面の感じからも伝わるように、現実では実現出来ないような事が出来そうです。

C2vUfMEUoAAenqU

ステレオ仕様のセンド・リターンや、DIアウト、USBの端子なども装備。
この角度から見ると本体がやや斜めに傾いていますが、フラットになっておりスイッチが踏み易そうです。

C2vUfMIVQAEDJXS

イシバシ楽器のスタッフが実際に実機に触ってみました!反応も良く、タッチパネル等の使用感も良かったようです。








まだ日本国内での発売時期・販売価格は未定です。

Diezel



今ではハイゲインアンプの代名詞になったドイツの「Diezel」も新製品を発表。

C2zpgxWUoAExtTm

今回発表になったのは4チャンネル仕様の「VH-4」をシンプルにした2チャンネル仕様の「VH-2」

C2zpgxYUkAA9H58

もう1台の新製品「Big Max」
50Wのシングルチャンネル仕様。
今回の「Diezel」はよりシンプルさを追求しているようですね。

C2zpgxeUsAAaMO_

ブースにいらしたスタッフの方に「Big Max」を鳴らしてもらいました。
ドライブサウンドが正に「DIezel」って音してますね。




GRACE design



アメリカのコロラド州のプロオーディオカンパニー「GRACE design」は既に発売され、多くのレコーディング現場などで高い評価を得ているプリアンプを展示
「FELiX」は2ch 楽器用プリアンプ& ブレンダー

C20IzHpUQAAv4DF

「ALiX」はシングル・チャンネルの楽器用プリアンプ / EQ / DI

C20IzHnVQAMlErp

今回、発表になったのはさらにシンプルになったプリアンプ「BiX」

C20IzHoVEAAIWrY

C20IzHpUAAEtwr7

表に見えるコントールは4つでGAIN/LOW/HIGH/BOOSTですが、側面のミニスイッチでLOWとHIGHの帯域を切り替えが出来るようになっています。
今回はシンプルな方に向かっているメーカーが多いですね。

Ibanez



Ibanezのブースにチェックし忘れた商品が!

C20jK5bUQAA6XCb

MINIシリーズに新しく追加になる「OD850」の小型モデル「FZMINI」です!
IbanezのMINIシリーズはノーマルサイズと遜色の無いサウンドなので、今回も期待大です。



※ご紹介した商品は入荷日、価格等は現在未定です。詳細が届き次第、追ってアナウンスいたします。