Gibsonアコースティック「今月の1本」  -良杢メイプル!!小さな王様?!-

Gibson Gibson Montana Acoustic アコースティックギター エレアコ 新製品情報 特集
いつも『GuitarQuest』をご覧いただき、ありがとうございます。
心斎橋店サブマネージャーの藤本でございます。

あっという間に1月も終わっちゃいましたね。
ついこの間「クリスマス」とか「年末」とか言ってたような気がするのに、年始もあっという間に過ぎちゃいましたね。

1月はなんだかんだ忙しくて、欲しい楽器をゆっくり探せなかったなぁ・・・という方、いらっしゃいませんか?
2月に入ってもどんどんと素敵なアコースティックギターをご紹介いたしますので、今月もよろしくお願いします!

というわけで今月ご紹介するGibsonアコースティックはこちら!

Gibson Acoustic / Monthly Limited Run SJ-200 Parlor Custom Antique Natural




ん?SJ-200にしては少し小振りなような・・・と思った方!

そうです!小さいです、このSJ-200。

モデル名に「Parlor(パーラー)」とあるように、通常のSJ-200と比べてやや小さな15インチ幅のボディー。
そしてJ-45などと同様に24.75インチのショートスケールを採用しています。



ボディーマテリアルはSJ-200と同様にスプルースTOPにメイプルSIDE/BACK。

特にメイプルの杢目をご覧ください!



SIDE/BACKともに細かく立体的な目で、非常にGOODです。
小さなボディーですが、迫力と存在感は抜群です。

もちろんマスタッシュ(口髭)ブリッジ、サンライズ・インレイ、花柄ピックガードはおさえてます。
ペグはちゃっかりミニ・グローバーを採用している点がにくいですね。



King of Flat-topsと謳われるSJ-200。
今回のSJ-200 Parlor Customは「Little King"小さな王様"」とでも言えましょうか。

独特のSJ-200サウンドと高い演奏性!




小さなボディーでも不思議と明るくジャキっとしたSJ-200らしいサウンド。
通常ボディー程の奥行感のあるサウンドは感じられませんが、逆にフォーカスされた音像と小振りなボディーならではの箱鳴り感が独特で、通常のSJ-200にはない魅力を感じます。

そしてL.R.Baggs Element VTCピックアップを搭載しているも見逃せません!



バンドアンサンブルでも抜けの良いアコースティックサウンドをアウトプットしてくれ、プロの間でも非常に評価の高いピックアップです。
アンダーサドル型のピックアップなので、ハウリングにも強い点も心強いですね。

サウンドホール付近にセットされたコントロールでVolumeとToneのコントロールが可能です。
コンプレッションが程よく効き、音抜けの良いサウンドはバンドセットなどで威力を発揮できるかと思います。

小振りなボディーなのでステージ上でも取り回しが良く、サウンドは音抜け抜群。
そして圧倒的な存在感でルックス満点のSJ-200 Parlor Custom、あなどることなかれ。

世界限定65本の「Little King"小さな王様"」




「通常のSJ-200はボディーが大きすぎてなかなか鳴らしきれない」
「小振りで取り回しが良く、ライヴで使える1本が欲しい」
「とにかくルックス!派手なギターが欲しい!」
「やっぱりGibsonギターに憧れちゃうなぁ・・・」

そんな方に是非お試しいただきたい1本、"小さな王様"。
お近くの方はイシバシ楽器心斎橋店アコースティックフロアでお待ちいたしております!

本日ご紹介しましたGibson SJ-200 Parlor Customはこちら!

イシバシ楽器全店のSJ-200ラインナップはこちらからどうぞ!

この記事を書いた人

藤本 賢
昭和61年生まれ(1986年)、神奈川県出身、左利き。父親の影響で小学生の頃よりギターを演奏。2008年入社、現在は心斎橋店サブマネージャー兼アコースティックフロア責任者。好きな音楽はロック、ソウル、R&B等ジャンルは幅広く、フェイバリットギターはGIBSON ES-335。今一番ほしいものは「スモールサイズのアコースティックギター」。