ColeClark通信その17:最もお求めやすいリーズナブルなモデルは?

Cole Clark アコースティックギター エレアコ
いつも『GuitarQuest』をご覧頂きましてありがとうございます。
コールクラーク担当のイシバシ楽器新宿店4階アコースティック・ラウンジの濱田です。

>>過去のColeClark通信はこちらから
「コールクラークのサウンドはそのままに、できるだけ価格を抑えたい・・・」

そんな方のために、本日ご紹介するモデルは現在のフルサイズのレギュラーモデルの中でも最もリーズナブルなモデルをご紹介致します。



ColeClark / CCFL1E-BM


ColeClark Fat Lady Series1 Electronics-Bunya QueenslandMaple


装飾等を省きシンプルなルックスに仕上がっているシリーズ1のモデルです!

過去のブログでもシリーズ1についてはご紹介して参りましたが、本機はその中でも最もリーズナブルなモデルとなります。

それゆえ最も売れている大人気モデルでもあります。

ピックアップシステムは2wayタイプ、カッタウェイを施していない最もボディの振動面積の広いフルボディモデルです。

ボディトップにはこちらもColeClarkブログでは既に馴染みの深い「ブンヤ材」を採用、サイド&バックも「クイーンズランド・メイプル材」を採用しております。

こちらの材の特性に関しては何度もご紹介しているのでご承知の方も多いかもしれませんが・・・クイーンズランド・メイプルはマホガニー材に特性の似ている明るくカラっとしてあか抜けたサウンドが特徴的です。



エレアコとしてプラグインしたサウンド時にも非常にバランスの良いトーンで扱いやすいキャラクターを持っております!!

ピックアップシステムは「ブリッジピックアップ」「フェイスセンサー」の2つのマイクが搭載された2wayタイプ。
ブリッジピックアップで鋭く輪郭のある硬質なサウンドを、フェイスセンサーでボディ鳴りと振動を拾った柔らかいサウンドを集音してくれて、その2つをミックスすることにより絶妙なサウンドメイクが可能!
従来のピックアップでは成しえなかった「リアル」なアコースティックサウンドをアウトプットしてます!

フィンガースタイルでもコードストロークでも、あらゆるプレイに適したエレアコギター、、、それがコールクラークです!!



「気になるお値段は・・・」

シリーズ2グレード等では20万円、30万円以上が通常価格ですが、本機のお値段はそれよりさらにお求めやすいです!

下記リンクより是非ご自身でそのお値段をお確かめ下さい!

CCFL1E-BMの在庫はこちら!!

「コールクラーク、知らなかったブランドだけど興味あるなぁ。けどいきなり20~30万円だと・・・。」なんてお考えだったあなた、ぜひこのCCFL1E-BMをお試し下さいませ!!

ColeClarkの全店在庫はこちらから!!

この記事を書いた人

濱田 怜
新宿店アコースティックフロア担当。神奈川県出身。幼少期にピアノを習い、小学校時代よりエレキギター、ドラムを演奏し、大学時代からはライブハウスで仕事しながら、ソロギターの魅力に取り付かれアコースティックギターもプレイ。イシバシに入社後、DTMにも興味を持ち現在奮闘中。ファクトリー出張の経験や、ヴィンテージギターの海外買付の経験も有る。