『Happy Jack』と呼ばれる1本!

Gibson Gibson 2017 新製品 Gibson Custom エレキギター
いつもGuitarQuestをご覧いただき、ありがとうございます。
ギブソン担当心斎橋店サブマネージャーの吉村です。今回ご紹介させて頂くモデルはこちらです!


Limited Run 1959 Les Paul Reissue " Happy Jack"


前々回ご紹介させて頂いたMike Reeder 1959Les Paulと同様に、惜しくも終了してしまったプロジェクト、”Collector's Choice”の企画を受け継いで企画、製作されたモデルです。

オリジナルシリアルである9-2072のオーナーは、またもやレスポールフリークの方には馴染みの深いVic Dapra氏です。(一体何本所有してるんだ!!)



バースト本の中でも非常に高い人気、知名度を誇るBurst Believersの著者である彼が オリジナルバーストのコレクションを始めたのは1970年代。

彼が所有するバーストは今まで何本もコレクターズチョイスとして復刻されてきました。#9として復刻されたオリジナルシリアル9-0850(通称Believer Burstと呼ばれる1本)は、現存するオリジナルバーストの中で最も美しいトップを持つとも言われています。Burst Believersのカバーにてその圧倒的な杢をご確認頂けます。

他にもアメリカのビンテージ・ギター界の権威として非常に有名なジョージ・グルーン氏から購入した、Gruhn Burstと呼ばれるオリジナルシリアル9-0627も#35として復刻されております。こちらは、インターネットなんか無い1984年に、グルーン氏から送られてきた1枚の写真のあまりの美しさにすぐに購入を決めたと言われております。

実は私、先月ギブソン出張にてナッシュビルを訪れた際にGruhn Guitarsにてグルーン氏に初対面させて頂きました!

思えば楽器店にて勤め始めた頃(今から10年以上前です)、グルーン氏が書いたGruhn's Guide to Vintage Guitars(通称グルーン本)を読んでヴィンテージギターを勉強したもんです!(遠い目)いわば師匠ですwいやぁ感激したなぁ。

話が思いっきり脱線しました!すみません!

ハッピージャックですよ!ハッピージャック!



赤みのかなり残ったチェリーサンバーストが特徴的です!



塗装はほとんど退色しておりませんが、ボディバックには歴戦の傷が刻まれております!



ネック裏の塗装もかなり剥がれており、しっかりと弾かれていた個体であること事が判ります!



今までのエイジドモデルの中でもトップクラスにエイジングが施された金属パーツ達。もちろんちゃんとチューニング出来ますwご安心下さい。



当店入荷個体の1番良い表情です!自分が抱えた時に見下ろす角度の杢が堪りません!

ネックシェイプも近年のトゥルーヒストリックモデルより若干細めに仕上げられており、プレイアビリティ良好です。

是非ともその素晴らしいサウンドをご体験下さい。

※今回ご紹介させて頂いた、心斎橋店入荷個体は既にご売約となってしまいました。

今回ご紹介したモデルの全店在庫はこちらから↓↓↓

Gibson Custom / 2017 Limited Run 1959 Les Paul Reissue " Happy Jack"


お問い合わせはイシバシ楽器心斎橋店ギターフロアまでお気軽にどうぞ!!
06-6241-1484
shinsaibashi@ishibashi.co.jp

この記事を書いた人

吉村 章生
昭和55年生まれ(1980年)、大阪府出身。心斎橋店ストアマネージャー。幾度のギブソンファクトリー訪問経験を経て、ギブソンプロダクトスペシャリストに認定。フェイバリットミュージックはロック、ブルース、パンク等。

Category