魅惑のディープ・ブルー・バースト -Happy Birthday アニキ!!-

Takamine アコースティックギター エレアコ 新製品情報
いつも『GuitarQuest』をご覧いただき、ありがとうございます。立川店サブマネージャーの藤本でございます。

突然ですが、9月7日はなんの日かご存知ですか?今回はその9月7日にちなんだ商品をご紹介いたします!

Takamine / TDP500-6 DBS (Deep Blue Burst)




もうファンの方はお気づきですね。
そう、9月7日はアニキの誕生日です!ハッピーバースデイ、アニキ!!

というわけで、今回はファンの方にとってマストバイなTakamine TDP500-6 DBSを改めてご紹介していきたいと思います。

言わずもがな、ワンサイド6連ペグヘッド




まずは、これまでの限定モデルと同様にワンサイド6連ペグヘッドです。

「ヘッドはこれじゃなくちゃ!」という方、多いと思います。

これだけでアニキに近づけた気がしちゃいますものね・・・。

ちなみに、バインディング付きという点は前回のTDP500-6と異なるポイントです。

鮮やか!ステージ映えするディープ・ブルー・バーストカラー




良い色です。

格好良いです。

初めてこのカラーがライヴでお披露目されてから、「いつになったら発売するかなー」って思ってました。

待ちわびていましたこのブルー・バースト。

ボディーバックも同じくブルー・バーストでフィニッシュ。

ボディー材はトップ:スプルース単板トップ、サイド:サペリ、バック:サペリ単板。

圧倒的な音圧感、そして音抜け抜群の真空管搭載プリアンプ




前回のTDP500-6 BLに続いて、今回も真空管搭載のプリアンプCTP-3を搭載してます。

このプリアンプも非常によく出来ていて、増幅回路に真空管を使用することで特有のウォームさ、音の太さがプラスされます。

それでいて音抜けが良いのはさすがタカミネ。

ハウリング防止策としてNOTCHフィルターがついていたり、音域補正としてMIDのフリケンシーコントロールがついているのも嬉しいポイント。

手元のコントロールだけでも細かいサウンドメイクができるので、ライヴパフォーマンス時に非常に頼りになります。

ブリッジはピンレスのストリングスルーブリッジ




ここも見逃せないポイントです。

アニキと同じじゃなきゃダメなんです。

意外に弦交換時に「あ、ブリッジピンどっか無くした」なんてトラブルも防げたり・・・。

ネックはお馴染み42mmナット幅




タカミネギターといえば、このネック。

この細めのネックをガシっと握りこんで、ガリんっと鳴らしたいのです。

ちなみにポジションマークもアバロンパールを使って、少しゴージャスや雰囲気にアップグレードされてます。



いかがでしょうか?

クールなルックスと、さすがタカミネといった演奏性能。

メイド・イン・ジャパンのクオリティーを十分に感じられる1本です。

まさにマストバイな1本。

ファンの方はもちろん、そうでない方にもオススメいたします。

魅惑のディープ・ブルー・バースト。



改めて、

お誕生日おめでとうございます、アニキ。

そして、

いつも感動をありがとうございます。

これからも、

熱くさせてください。


ハッピーバースデイ!!

>>本日ご紹介したTakamine TDP500-6 DBS在庫店舗一覧はこちら!!<<

この記事を書いた人

藤本 賢
昭和61年生まれ(1986年)、神奈川県出身、左利き。父親の影響で小学生の頃よりギターを演奏。2008年入社、現在は立川店サブマネージャー。好きな音楽はロック、ソウル、R&B等ジャンルは幅広く、フェイバリットギターはGIBSON ES-335。今一番ほしいものは「スモールサイズのアコースティックギター」。

Category