FRACTAL AUDIO SYSTEMS製品をスマホ、タブレットで操作、エディットが出来る!?FracPadのご紹介!

Fractal Audio Systems ギタリスト向け機材 ギターアンプ 特集
いつも石橋楽器店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
新宿店2Fアンプ・エフェクターフロア担当:久保です。

今回はFRACTAL AUDIO SYSTEMS製品のエディット方法のご紹介をしたいと思います。

既にお持ちの方はエディットにPCのAxe-Editや、AX8-Editを使用している方がほとんどだと思います。実機での操作は液晶が小さい為、やや操作し辛いところが難点ですよね。
自宅での音作りはいいけど、スタジオ、ライブハウスへ持ち出した際に微調整を求められることが多いと思います。
そんなとき、お持ちのスマホでエディット出来たらいいな、と思ったことが必ずあるはずです。

FRACTAL AUDIO SYSTEMS製品をスマホやタブレットで操作できるという夢のアプリ、FracPadをご紹介させて頂きます。

それでは早速ではございますが、ご紹介してまいりましょう!

FracPadとは

海外のプログラマーが個人で開発をしたという、FRACTAL AUDIO SYSTEMS製品専用のエディットアプリです。
対象機種はAxe-Fx II、Axe-Fx II XL、Axe-Fx II XL+とAX8の4機種です。
現在のところAxe-Fx Standard/UltraやFX8には未対応とのことです。

エディット方法はPCのエディターとほぼ同じ事が可能で、パラメーターの変更からX/Y切り替え、SCENE切り替えはもちろん変更したプリセットの保存等まで全て行えます。
接続方法はUSB、もしくはBluetoothとなります。

 
端末と機器の接続

使用に当たり端末との接続にはUSBケーブルの他、別途アダプター等が必要になり、それは以下の通りです。

■iOS(iPhone、iPad)機器との接続
・Axe-Fx MIDI接続:IK Multimedia iRig MIDI 2
・AX8 USB接続:Apple純正USBカメラアダプター(Lightning-USB)

・Axe-Fx Bluetooth接続:YAMAHA MD-BT01
・AX8 Bluetooth接続:YAMAHA UD-BT01

■Android機器との接続
・Axe-Fx USB接続:USB OTG(On-The-Go)対応USB アダプター
・AX8 USB接続:USB OTG(On-The-Go)対応USB アダプター

・Axe-Fx Bluetooth接続:YAMAHA MD-BT01
・AX8 Bluetooth接続:YAMAHA UD-BT01

YAMAHA UD-BT01はUSB端子での接続に使用し、YAMAHA MD-BT01はMIDI端子での接続に使用します。

128325 B
YAMAHA ヤマハ / UD-BT01 ワイヤレスMIDIアダプターの商品ページはこちらから!

102337 B
YAMAHA ヤマハ / MD-BT01 ワイヤレスMIDIアダプターの商品ページはこちらから!

今回は無料版のFracPad LiteとiPadとAX8のUSB接続(Apple USBカメラアダプター)でご紹介してまいります。

まずはiTunes StoreよりFracPadをダウンロードしましょう。

16772 B
そしてこちらがUSBカメラアダプターです。こちらをUSBケーブルと接続します。USBケーブルはオーディオインターフェース等との接続でも使用する、いわゆるA-Bタイプの物です。
そうしましたら端末と機器にそれぞれ接続します。

 
FracPadの操作

接続したらFracPadを起動しましょう。

278800 B
あとはいつもスマホをいじるのと同じ要領で、タッチしながら上げ下げ等でパラメーターが変更可能です。
ブロックのダブルクリックでバイパスの切り替えや、空のブロック上を長押しで新たにエフェクトブロックの追加も可能です。
これがいつでも出来るとなるとかなり便利ですね!

270608 B
278888 B
パラメーターのページ変更や、

205046 B
チューナーももちろん装備しております。
PCのエディットと本当に遜色ないレベルで操作が可能です。

自前のiPhoneの画面キャプチャーを使ってどんな感じの操作なのかを動画にしてみました。無音ですが、興味があればご覧ください。




105823 B
いかがでしたでしょうか。
今回はFRACTAL AUDIO SYSTEMS製品のエディットに非常に役に立つFracPadアプリのご紹介でした。
今回は無料版のFracPad Liteでの使用だった為、操作に制限がございましたが、有料版はその制限がもちろん外れておりますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

店頭では今回ご紹介したFracPad Liteを使用してのお試しももちろん可能ですので、ご希望の方はスタッフまでお申し付けくださいませ!

今後もFRACTAL AUDIO SYSTEMS製品の使い方や役立つ情報のご紹介をしてまいりますので、是非お楽しみに!
最後までご覧になって頂きまして、誠にありがとうございました。
次回もお楽しみに!

⇒FRACTAL AUDIO SYSTEMS製品一覧はこちら

注記
冒頭でも記した通り、FracPadは個人の方が製作したアプリで非公式の物の為、万が一このアプリにより何らかの障害が生じた場合、弊社及び作者側では一切責任を負いませんのでご使用は自己責任にてお願い致します。
また、障害が発生した場合FRACTAL AUDIO SYSTEMSのサポートを受ける際にこのアプリ上で作成したプリセットの削除、機器の初期化を求められる場合もございます。

この記事を書いた人

久保 晃一
新宿店4Fハイエンドフロア担当。エフェクター担当を数年勤め、現在はハイエンドギター、アンプ、エフェクター担当となる。 特にFRACTAL AUDIO SYSTEMS、KEMPERに造詣が深く、ギターではSuhrやJames tyler、Tom Anderson等ハイエンドコンポーネントギターの他、Paul Reed Smithやアンプ等にも精通している。現在はハイエンドフロア担当として、師にも恵まれ日々精進中。 皆様の愛機を探すお手伝いを懇切丁寧にさせて頂きます、是非一度ご来店下さいませ。

Category