Martin Guitar Fair in Tachikawa   -憧れのマーティンをGetしよう-

Martin アコースティックギター 店頭イベント
いつも『GuitarQuest』をご覧いただき、ありがとうございます。立川店サブマネージャーの藤本でございます。

10月に入ってすっかり秋めいてきて気温も低くなってきました。皆様、衣替えはお済みですか?私はシャツやジャケットを新調しました。お買い物って楽しいですよね。

さて、イシバシ立川では皆様にお買い物を楽しんでいただくべく、こんな企画をご用意いたしました!!

イシバシ楽器立川店PRESENTS 『Martin Guitar Fair』




永遠のスタンダードであるD-28から最新エレアコモデル、そしてお得なカスタムショップモデルまで多数展示!

是非この機会に世界的トップブランド、マーティンを手にとってみてください。


それではご用意したマーティンギターの一部をご紹介いたしましょう!

もう多くを語る必要もない、通称「ニッパチ」




写真右は大定番モデル、レギュラーモデルのD-28

写真左はカスタムショップ製、プレミアムグレードのシトカ・スプルースを使用したCTM D-28

>>こちらのモデルについては梅田店 石間によるギタークエスト記事も是非ご覧ください。


Martinギターってどんな感じなの?という方はまずはニッパチから。とにかくこのモデルーが全てのアコースティックギターの模範、基準といっても良いくらいです。

ヘリンボーンじゃなきゃって方にはHD-28、HD-28V




ヘリンボーンって何?という方はボディーのバインディング部をご覧ください。「ニシンの骨(HerringBone)」みたいですよね?所謂ヴィンテージ・スタイルのニッパチです。

>>HD-28&HD-28Vはこちら

シトカじゃダメ、アディロンTOPじゃなきゃって方にはD-28 Marquis




シトカ?アディロン?

ボディートップに使用しているスプルース材の種類です。

シトカ・スプルースと、アディロンダック・スプルース。この違いがサウンドにも影響します。よりガッツのある力強い響きがお好きな方には是非ニッパチ・マーキスを。

ライブパフォーマンスで活躍!エレアコモデル勢!




せっかくマーティンギターを買ったなら、ライヴでも使って自慢したいですよね。カッタウェイ・ボディーでハイポジションまでの演奏性も抜群です。

>>マーチンエレアコモデルはこちら

小さくたってマーティン、リトル・マーティンとバックパッカー




秋の行楽に持っていきたい!紅葉を楽しみながらギター弾きたい!そんなアウトドア派の方にはコレ。

>>リトルマーチン&バックパッカーはこちら

もう少し生音の響きを大事にしたいという方にはドレッドノート・ジュニア




先にご紹介したリトル・マーティンやバックパッカーよりも音量が欲しい・・・。

もう少しスケールが長ければレギュラーサイズのギターと持ち替えても違和感なくてすむのに・・・。

そんなお悩みはこのドレッドノート・ジュニアが解消してくれます。ピックアップ搭載モデルもあるので、ライヴでも活躍!

>>ドレッドノート・ジュニアはこちら

そして御大、エリック・クラプトン・モデルOOO-28EC




ここまで有名なシグネイチャー・モデルのアコースティックギターは他にないでしょう。

コードストロークも良し、フィンガースタイルでメロディを奏でても良し、もちろんブルージーなプレイも良し。

指板エンドのシグネイチャー・インレイもファンにはグッとくるポイントです。

>>エリック・クラプトン・モデルOOO-28ECはこちら

憧れのマーティンをGetしよう


まだまだここではご紹介しきれないくらいMartinギターがずらりと並んでいます!もちろんさらにお買い得な中古のMartinギターも!!



立川店アコースティックギターフロアにはゆっくりとお試しいただける防音ルームも併設しております。是非ゆっくりとたっぷりとMartinギターの音色に酔いしれてください。

「これまでとは違うタイプのギターを」

「もう1ランク上のギターを」

「初めてのマーティンを」

「とにかくマーティンが好き」

という方にはお楽しみいただけるはず!!


10月も是非イシバシ楽器でお買い物をお楽しみください!!

>>イシバシ楽器全店のMartinギター一覧はこちらからどうぞ

この記事を書いた人

藤本 賢
昭和61年生まれ(1986年)、神奈川県出身、左利き。父親の影響で小学生の頃よりギターを演奏。2008年入社、現在は立川店サブマネージャー。好きな音楽はロック、ソウル、R&B等ジャンルは幅広く、フェイバリットギターはGIBSON ES-335。今一番ほしいものは「スモールサイズのアコースティックギター」。

Category