Fenderからコンパクトエフェクターの新シリーズ6機種発表!

FENDER NAMM SHOW 2018 エフェクター 新製品情報
Fenderからブティックライクな意匠をまとった新たなコンパクトエフェクターが6機種発表されました。
Pugilist Distortion(ディストーション)



Pugilist Distortionはデュアルゲインステージ回路搭載のディストーションペダル。
ベースブーストスイッチに加え、A/Bの各チャンネルを直列接続または並列接続し、バランスを調整できるBLEND機能も搭載されています。
Level Set Buffer(ラインバッファー)



長いケーブルを引き回す場合や複数のエフェクターを接続した際の音質劣化を補正するバッファーペダル・LEVEL SET BUFFER。

一般的なバッファーではシンプルさを優先してLevelコントロールのみ、といったデザインも多いですが、LEVEL SET BUFFERにはバッファー使用時に目立ちやすい高域の不自然なギラつきを抑えるHi-FREQツマミやLOADスイッチを装備。

TUNERアウトも用意されており、オンオフスイッチはMUTEボタンになっているなど、掛けっぱなしになることが前提のバッファーとして非常に合理的な設計がなされています。
The Bends Compressor(コンプレッサー)



「スタジオクオリティのコンパクトコンプ」を目指して設計されたThe Bendsコンプレッサー。
コンプレッションのスピードを調整するRECOVERY、ゲインを調整するDRIVEに加えて原音とエフェクト音のバランスを調整できるBLENDコントロールを装備。
ギタリストにとって最適なコンプレッションペダルとしてデザインされているとのことです。
Marine Layer Reverb(リバーブ)



HALL、ROOM、SPECIALの3モードを搭載したリバーブペダル・Marine Layer Reverb。
各リバーブタイプに1-2のバリエーションが用意されており、コンパクトサイズながら6種類のリバーブサウンドが楽しめます。
また、トレイル機能によりリバーブテイルを残したままエフェクトオフが可能。
ステージでの使用に最適なシンプルなコントロールも嬉しいですね。
Mirror Image Delay(ディレイ)



DIGITAL、ANALOG、TAPEの3モードに1-2バリエーションスイッチを搭載したディレイペダル・Mirror Image Delay。
付点8分ディレイをインスタントに設定できるDOTTED 1/8スイッチや、モジュレーションディレイ用のDEPTH、RATEが独立して配置されており、音作りに悩まない扱いやすさが魅力的です。

筐体上面にはDRY KILLスイッチを装備し、アンプのパラレルエフェクトループに接続した際にも最適なバランスでディレイサウンドを出力することができます。
Santa Ana Overdrive(オーバードライブ)



VOICE A・Bの2つのサウンドキャラクターを持つオーバードライブペダル・SANTA ANA OVERDRIVE。
FETベースのドライブ回路により、ほんの少しの色付けからヘヴィなオーバードライブまで幅広い歪みを生み出します。
ブーストスイッチにはLEVELとDRIVEのどちらかを割り当てることができ、ペダル自体の歪み量の増加にもアンプをプッシュアップする出力レベルのブーストにも使える利便性の高い一台です。

 



Fenderアンプのトレードマークとも言えるジュエルランプが配されたLEDとブラシ仕上げのメタリックな筐体カラーもオシャレなエフェクターシリーズ、Fenderマニアならずとも足元に並べたくなりますね。
プライスレンジも99ドルから199ドルと手に入れやすい価格帯となっていますので、国内での発売が楽しみな新シリーズです。

Category