IK Multimedia iRig Stomp I/Oを発表!

IK Multimedia NAMM SHOW 2018 エフェクター ギタリスト向け機材 新製品情報

ライブ、レコーディングの両方で使える究極のペダルボード・コントローラー



iRig Stomp I/Oは、4つのフット・スイッチとエクスプレッション・ペダルに加え、スタジオ・クオリティの24-bit/96kHzに対応するオーディオ/MIDI インターフェース機能を統合した次世代のペダルボード・コントローラーです。Mac/PCだけでなくiOS端末にも直接接続でき、堅牢で持ち運びやすいボディで、ライブにもレコーディングにも活躍します。



入力端子にはXLRと1/4インチ標準のコンボ端子を採用し、コンデンサー・マイクも接続可能な48Vファンタム電源を搭載しているため、ギター/ベースだけでなく、キーボードやボーカルにも対応します。インプットにはクラスAプリアンプを使用しており、音質を損なわず十分にゲインを稼ぐことができます。スタジオ・クオリティの24-bit/96kHzに対応しており、この強力なオーディオ・インターフェース部を、Mac/PC や iOS 端末上で動作するソフトウェアやアプリと、シームレスに連動させることが可能です。出力は、メインのステレオ・バランス出力とヘッドフォン出力の計2系統。ライブ時はメイン・アウトからPAシステムに出力し、自宅練習ではヘッドフォンでモニターすることも可能です。入力/出力レベルは視認性の良いLEDメーターで常に監視し、インプット・ゲイン/アウトプット・ボリューム・ノブですぐに調整可能です。

視認性に優れたLEDを備える4つのフット・スイッチとエクスプレッション・ペダルでは、接続したMac/PCまたはiOS上で動作するAmpliTube 4等のソフトウェアのエフェクトのON /OFF、プリセットの切り替え、ボリュームの調整等が足元のiRig Stomp I/Oで行えます。さらに本体のコントーラーに加え、2系統の外部フット・スイッチ/フット・ペダル端子とMIDI IN/OUTを備えており、システムを拡張したりスタンド・アローンのMIDIコントローラーとして使用することもできます。

Apple MFiに準拠しており、最新のiPhone Xを含むiOS機器に対応します。iPhone、iPad用にはLightning接続ケーブル、Mac/PC用にはUSB接続ケーブルが同梱されており、箱から出したらすぐにプラグ&プレイでお使いいただけます。iPhone、iPad、タブレットが設置できるデバイス・ベイがあり、実際のペダル・ボードのような一体感のあるセッティングが可能です。Lightningケーブルで接続したiPhone、iPadは充電しながら使用できるので、ライブ中の充電切れも気にする必要はありません。

iRig Stomp I/Oには製品登録時の特典として、総額 €800(10万円)を超えるソフトウェア/アプリのライセンスが付属しています。ギター・アンプ/エフェクト・モデリングの定番である、Mac/PC用AmpliTube 4 Deluxe(160以上のギア・モデルを収録)と、iPhone、iPad用AmpliTube for iPhone and iPad(70以上のギア・モデルを収録)が収録されています。さらにアコースティック・ギター用のAmpliTube Acoustic、ボーカル用エフェクトのVocaLive、Mic Room、それぞれの無償版にて有償版同等の機能をアンロックするライセンスが付与されます。それに加えてミックス/マスタリングで使えるMac/PC用T-RackSプロセッサー( White 2A、Black 76、VC-670、EQP-1A、Mic Room )も付属します。

価格:オープンプライス(税別市場想定価格39,000円前後)
発売予定時期:2018年3月

Category