【Washburn通信】第31回 The NAMM show 2018レポート!

NAMM SHOW 2018 Washburn Washburn通信 エレキギター ギタリスト向け機材 新製品情報
Hi!!どーもーWashburn 担当の近藤でございます。
【Washburn通信】と銘打ったコラムの・・・第31回ですyo♪

前回の【Washburn通信】でも触れましたが、今回は改めて世界最大の楽器展示会『NAMM show 2018』におけるWashburn最新情報のレポートです。

がっ、しかしっ!

前回の【Washburn通信】をご覧頂いた方はご存知かと思いますが、ワタシNAMMに行っていません(笑)

弊社のスタッフが現地にて色々と見てきた物をひっくるめて、まるでワタシが行ってきたかのようにご紹介します♪

では・・・まずはコレですyo!



35年経っても黄色と黒のストライプがトレードマーク!「STRYPER」のマイケル・スウィート モデルです。

以前より発売されていたエクスプローラーとデストロイヤーが合体したようなモデル「PXZ-MS2FR-D」に加え、新製品として並ぶのが隣のVスタイル モデル!



「PXV-MS2FR-D」

【spec】
STYLE:Michael Sweet Parallaxe V
BODY WOOD:Mahogany
FINISH:Gloss
COLOR:Black/Yellow stripes
NECK:Mahogany
FRETBOARD:Ebony
PICKUPS:Fishman Fluence Modern(USA)
CASE:Hardshell Case

PXZモデルと比較してボディ形状、ピックアップが変わった事ですね。

あいにく日本には未入荷のモデルですが、弊社でもご注文はお受けできますので、お問い合わせはイシバシ楽器 心斎橋店 担当:近藤までどーぞ♪

価格は・・・海外の定価 $5,500で、ストリートプライス $3,899ですので、40万円半ばくらいでしょうか・・・

日本でもSTRYPERは根強い人気が有りますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください!

では、本日はここまでっ!


え?前回の前フリだったヌーノがNAMM会場に来るかも?っていうのはどうなったって?

もちろんそれは・・・次回のお楽しみ♪



また次回♪


※私、Washburn担当:近藤は2018年より弊社 梅田店におります。時々、心斎橋店や神戸三宮店にもおりますのでお気軽にお声かけください!!!

Washburn製品のお問い合わせはお近くのイシバシ楽器へどーぞ♪

◆Washburn製品在庫一覧◆



皆様・・・Washburn(ワッシュバーン)というブランドに興味が出た方は過去の記事も要チェックですyo!

『Washburn通信バックナンバー』

『第1回 ワッシュバーンとは?』
『第2回 どんな楽器があるの?』
『第3回 N4というギターを使うヌーノって誰?』
『第4回 ヌーノが使うN4ってどんなギター?』
『第5回 ヌーノが使うP4ってどんなギター?』
『第6回 ヌーノが使うN4 Padaukってどんなギター?』
『第7回 ついにヌーノが来日!!! ツアーの裏側も含めたレポート!!!』
『第8回 ヌーノが使うアコースティックギターは?』
『第9回 小さいアコギはじめました!』
『第10回 今年最後も、、やっぱりNunoでしょ』
『第11回 Ola Englund(オーラ・イングランド)って誰だ?』
『第12回 NAMMでMichael Sweet(マイケル・スウィート)が来場!』
『第13回 メタルキッズ要注目のParallaxeシリーズ!!!』
『第14回 シュレッダー要注目のParallaxeシリーズ!!!』
『第15回 『GENERATION AXE』 でヌーノが再来日!!!』
第16回 『GENERATION AXE』 でヌーノが再来日時のレポート!!!』
『第17回 ヌーノ・ファン必見!遂にN61&N24が入荷!』
『第18回 Nシリーズの中でも異彩を放つN61!』
『第19回 もはや異次元の領域と言える8弦ギター!!!』
『第20回 旅のお供に欠かせない逸品のご紹介』
『第21回 旅の途中でAMPがあったら活躍するミニギターのご紹介』
『第22回 12弦ギター使ってみませんか?』
『第23回 小柄で安価なエレガットはいかがですか?』
『第24回 ヌーノ!ヌーノ!ヌーノ!来日♪』
『第25回 ヌーノ!ヌーノ!ヌーノ!来日レポート♪』
『第26回 ヌーノ!ヌーノ!ヌーノ!来日レポート♪(ウラ話編)』
『第27回 奇跡的な入荷!直筆サイン入りN4 Authentic』
『第28回 今年最後も、、やっぱりNunoでしょ(去年と同じタイトルですが・・・)』
『第29回 単板TOP、カッタウェイのエレガット』
『第30回 The NAMM show 2018の時期がやってまいりました!!!』

この記事を書いた人

近藤 貴彦
心斎橋店ストアマネージャーを卒業し、現在は関西エリアマネージャーにしてWashburn Guitarsの担当者。 ヌーノ・ベッテンコートやポール・ギルバート等の90年代ギターヒーローに憧れた世代で、専門学校でギタークラフトを学んだ後にアルバイト入社し社員登用後、現在に至る。弦楽器だけでなくシンセや管楽器など幅広く担当をこなし、奇妙なギターが大好きという自称 天邪鬼で無駄話と無駄知識が大好きなベタ関西人。

Category