ゴージャス!!ラグジュアリー!!純白眩いアコースティックギターをご紹介!!

Gretsch その他 アコースティックギター エレアコ
いつも『GuitarQuest』をご覧いただき、ありがとうございます。立川店マネージャーの藤本です。

あっという間にもうすぐ3月に入りますね。そろそろ春らしく暖かくなるんでしょうか。
春になると「新入生」「新社会人」「新生活」なんてワードが出てきますね。
4月はフレッシュで眩しい「新入生」や「新社会人」の方に店頭でお会いできるのを今から楽しみにしています。

というわけで、まだ2月ですが、今回は「新入生」「新社会人」の方にも負けないくらい眩いアコースティックギターをご紹介!!

Gretsch / G5022CWFE Rancher Falcon White




白が眩しい!!

ゴージャス!!

ラグジュアリー!!

洗い立ての白!?

グレッチ・ギターの中でも「世界一美しいギター」と称され多くのギタリストを魅了し続けているのが、ホワイト・ファルコン。

そのファルコンの名を冠したアコースティック・ギターがこのG5022CWFEです。

いかがですか?格好良いですよね?
なんか品のある格好良さですよね?
白が眩しいですよね?

Specification


それでは細かくチェックしていきましょう。

まずはボディーから。



うん、ピックガードがおしゃれ。ちゃんとファルコンもいます。ボディトップはスプルース単板、サイド/バックはメイプル合板です。ほんの少しだけボディ内部もお見せしましょう。





トップのブレーシングは一般的なXブレーシングでスキャロップはされていません。ボディバックはブレーシングを施さずアーチド・バックにすることでより豊かな音量を稼ぐことができています。



ヘッドはやっぱりコレですね。Vシェイプヘッド。ペグはインペリアルペグでないものの、トラスロッドカバー形状は忠実に再現できています。そしてヘッドロゴもしっかりゴールド・スパークルで仕上げられているのもgoodです。

指板のポジションマークもグレッチならではのネオ・クラッシック“サムネイル”ポジションマーカー。ちゃんとバインディングもゴールド・スパークルですし、指板上のパーフリングも丁寧に処理されています。



ちなみに、ボディやネック、ヘッドだけでなく、サウンドホールの内側にもスパークルカラーのバインディングが巻かれています。

ファルコンのイラスト、ピックガードのカラーも本家ホワイト・ファルコンのとおりです。coolです。



このランチャー・ファルコンはFISHMANピックアップも搭載してます。
プリアンプ・システムは、アンダーサドルタイプのSonicoresに、Isys IIIプリアンプを採用していますので、バンドアンサンブルの中でもハウリングに強く、はっきりとした音像なので音抜けも良いです。音量を上げていった際も、そこまで高音域がキツくなく、音圧感もしっかりと出せるので非常に扱いやすいかと思います。

純白眩いゴージャスかつラグジュアリーなランチャー・ファルコン


いかがでしょうか?

世界一美しいギターである「ファルコン」の名がついたアコースティックギター。

本家ホワイト・ファルコンをうまく踏襲し、良い意味でアコースティックギターらしくない独特のルックスでありながら、そのカラーリングや装飾により高級感を感じさせます。



本家はもとより、このランチャー・ファルコンも非常に美しいギターかと思います。

そして肝心のサウンドもしっかりとしたボディーサイズを持たせ、スプルーストップ/メイプルボディーという鉄板の組み合わせ。

決してデッドすぎず、生鳴りも十分に感じられますし、音域のバランスも良いです。

もちろんラインアウトした際も弾き語り、バンドアンサンブルどちらの環境でも扱いやすく、現場向きと思える1本です。

眩い新生活のお供に「眩い1本」を是非。



>>本日ご紹介したGretch G5022CWFE Rancher Falconはこちら<<

>>イシバシ楽器全店のGretschアコースティックギター一覧はこちら<<

この記事を書いた人

藤本 賢
昭和61年生まれ(1986年)、神奈川県出身、左利き。父親の影響で小学生の頃よりギターを演奏。2008年入社、現在は立川店サブマネージャー。好きな音楽はロック、ソウル、R&B等ジャンルは幅広く、フェイバリットギターはGIBSON ES-335。今一番ほしいものは「スモールサイズのアコースティックギター」。

Category