【動画】Thunderbird Bass&SG Bass復活!!Gibson 2018年モデルから目が離せない!!

Gibson Gibson 2018 新製品 ベース
みなさんこんにちは!!
イシバシ楽器名古屋栄店のタク・オカモトでございます。


あったかくなって参りました!!
外出したくなるような陽気の反面、花粉に苦しむ方も多いのではないでしょうか。
出かけたいけれども出かけたくない、そんなもどかしい季節ですね。

さて、今回はGibsonのベースをご紹介して参ります。
Gibsonといえば、ギターメーカー界の雄としてその名を知らないプレイヤーはいないメーカーと言えるでしょう。

しかしベースとなると、ギターと比べるとその知名度はいまいち・・・いまに??と言えるような状況です。Gibsonベース・・・もっと使う人が増えてもいいのに・・・。いいモデルがあるのに・・・。

2018年モデルでは、しばらくレギュラーラインから外れていたThunderbird BassやSG Bassが復活致しました。
数年ぶりの復活ですので、是非これまであまり興味がなかった方にこそご覧頂ければと思います。

Thunderbird Bass 2018




まずご紹介するのはサンダーバードベースです。
ギターのFirebirdとの兄弟機といえるモデルで、カーデザイナーが設計したというそのシェイプはそれまでのギターデザインにない、独創的なものとなっております。

〈特徴1〉スルーネック構造



スルーネック構造が一番の特徴と言えるでしょう。
ネックをそのままボディーのエンドまで伸ばし、その左右にボディーがくっついた形となるスルーネック仕様。
接合部分がないためボルトオンやセットネックと比べ、サスティーンが伸びやすい傾向にあります。

スルーネックと言えばネックの強度に不安が残る部分があるのですが、本モデルは9plyネックとなっております。
一本の木材では木のクセによって反りが発生する可能性が高くなるのですが、複数の材を合わせることでその可能性を下げ、強度のアップが期待できます。

〈特徴2〉34inch ロングスケール
Fenderベースと同様のロングスケール仕様です。
長いサスティン、明瞭なサウンドが期待できるベースでは定番のスケールですね。

〈特徴3〉2ハムバッキングPU



Thunderbird Bassはこれじゃないと!!
パワフルなサウンドをアウトプットしてくれるハムバッキングピックアップを搭載。

SG Standard Bass 2018




ギターでもおなじみ、SGシェイプのベースですね。EB-3といった方がよいでしょうか。
バイオリンシェイプのEB-1,セミアコシェイプのEB-2の後継機種として発売されたモデルが元になっています。

〈特徴1〉ダブルコイルピックアップ



前述のEBシリーズから引き継いだ、本モデル一番の特徴といえばフロントに搭載されたダブルコイル(ハムバッキング)ピックアップといえるでしょう。
巨大なそのピックアップは、パワーがありやわらかな音色が特徴的。リアピックアップとの組み合わせで意外にも幅広いセッティングが可能です。

〈特徴2〉30.5inch ショートスケール
一般的なベースと比較すると約4インチも短いショートスケールです。約10センチほどの差になりますので、実際に抱えるとかなり弾きやすく感じられるかと思います。

スケール長はサウンドにも影響があり、短くなるにつれて柔らかく温かみのあるトーンとなります。

特徴的なダブルコイルピックアップとこのショートスケールの組み合わせが本モデルの特徴的なサウンドを生む大きな要素と言えるでしょう。

〈特徴3〉BABICZ / Full Contact Bridge



Gibsonベースは伝統的に3点で固定するブリッジを搭載しています。

2018年モデルのSGベースはBABICZ製Full Contact Bridgeを搭載しています。
このブリッジはその名の通り、ブリッジサドルがどの弦高でもベースプレートに密着する構造となっており、弦振動をボディーにしっかりと伝えてくれます。
サスティンの向上も期待できますし、各弦ごとに弦高設定できるので演奏性の向上にも貢献してくれます。

リプレイスメント用ブリッジとして人気のこちらのブリッジが最初から搭載されているというのはうれしいですね。
ちなみにThuderbird Bassもこのブリッジが搭載されています。

サウンド


ここまでご覧いただきまして、いかがだったでしょうか。
気になるサウンドは??動画にしてみましたので、是非ご覧ください。




前回に引き続き、演奏してくれたのは名古屋栄店のデニス君です。
今回の2機種に、コメントを頂きました。

Thunderbird Bass
ストラップを下げて、右手をまっすぐにして弾きたくなるベースです。
これぞロックサウンドという感じで、ハイが出るけれどうるさくないので、ピックを使いたくなります。ドロップチューニングを使うバンドでも、埋もれないのではないでしょうか。

SG Bass
もっと定番になってもいいくらい、いいベースだと思います。
トーンをどの位置にしても表情が変わって使えるサウンドです。
指弾きでのニュアンスが出やすいので、気分がノルグルーヴしそうですね。
R&Bでもいいかんじになりそうで、Warwickを使っている方にも試してほしいですね。

いかがだったでしょうか!!


今回ご紹介したベースはイシバシ楽器各店にて販売中!!
是非そのロックサウンドをお試しください!!

Thunderbird
商品ページはこちらから。

SG Bass
商品ページはこちらから。

この記事を書いた人

岡本 卓也
渋谷店でアコースティック・ベースを担当した後、現在名古屋栄店に勤務。プライベートではエレキギターも演奏。ギター・ベースとなんでもご相談させていただきます。ご来店・心よりお待ちしております。

Category