【FG_Collection】アンティーク・ウォルナットが美しいリミテッド・ランの「ES-355」

FG_Collection Gibson Gibson 2018 新製品 Gibson Memphis
Guitar Questをご覧いただきありがとうございます!!
FG_Collection記事担当のFinestGuitar所属:濱田です(・▽・)

本ブログでは御茶ノ水新店舗である「FINEST_GUITARS」にある珍しいギブソンモデルを写真をたっぷり使用してご紹介しております。

本日ご紹介するギターはこちら!

現代と伝統の融合、世界100本限定のモダンクラシック・レアギターです!

・Gibson / Limited Edition ES-355 VOS Varitone with Maestro_Antique Walnut





完成された風格!シックで渋い端正なルックスを持った限定のES-355です!
後程紹介しますが、刻印カバー付きマエストロ・ロング・ヴァイブローラにバリトーン・スイッチを搭載し様々なトーンを奏でることが出来ます。
70年代を彷彿とさせるウォルナットカラーを採用し、VOSフィニッシュで褪せた仕上げのゴールドパーツの相性が抜群です!

早速見ていきましょう。


トップは濃淡なブラウンカラーである”アンティーク・ウォルナット”を採用。光の加減によってはブラック系のカラーにも見え、引き締まった印象を与えてくれます。
VOSフィニッシュの為ボディの風格も若干褪せたニュアンスを醸し出しております。


コントロール・ノブは70年代にも見られる黒い 'Witch Hats'タイプ。ゴールドのハードウェアに合わせて文字もゴールドとなっております。
そしてトーン・キャラクターを大きく変化させるバリトーンスイッチを搭載。ヴィンテージなどに見られるステレオインプットではなくシンプルなモノラル仕様となっております。


なんといってもこのVOSでヴィンテージライクに仕上がったマエストロ・ロング・ヴァイブローラ!
ギブソンロゴの刻印が刻まれたプレート・カバーがより一層の高級感を漂わせます。


F-Holeは縁までカラーが施され、内部にはオレンジ色の楕円型ラベルが貼られております。


ES-355ということで335の上位グレードの位置づけとなる為、様々な装飾がグレードアップ。
ボディトップの縁、バインディング部分は白黒の折り重なった7-plyタイプを採用しておりラグジュアリーな印象です。


ピックガードもブラックではなくMulti-ply Bound のTortoiseshellタイプ、いわゆる鼈甲柄のピックガードを採用。ウォルナットカラーと相性いいですね!


ピックアップカバーもゴールドカバーを採用!肝心の中身は"MHSピックアップ"でプレイヤーのレスポンスに感度よく答えてくれる最新のピックアップです。


指板はダーク・ローズウッドを採用。焦げ茶色のこの指板は12'ラジアスのカーヴにて。フレットもミディアムジャンボを採用しております。


インレイはフル・ブロックの大き目インレイ。素材はマザー・オブ・パール採用です。


はい、出ました!ダイヤモンド・ヘッド・インレイ!
カスタム・グレードに見られるこれこそ上位グレードの象徴ですね。


VOSフィニッシュということもあり、焼けてクリーム色に変色したと思わせるバインディングに合わせてヘッドロゴも若干黄色味がかっております。


ペグもギブソン好きなら堪らないクルーソンの”Waffle Backs”を採用。モチロンゴールドです。


ネックは柾目取りの1pcマホガニー。こちらもウォルナットカラーにて。
グリップはRounded "C"グリップと程よい肉付きで厚すぎず薄すぎず。Rolled Binding加工にて指板のエッジは若干丸め込まれております。


美しく削り出された曲面のボディバックも勿論ウォルナットカラー。
ネックジョイント付近にはゴールドのストラップピンが打ちこまれております。


トップとは違いバックのバインディングは3-plyにて。


木地の見えるカラーリング、個人的には非常に好みです!


いかがでしたでしょうか!商品ページではみられない一面を感じ取っていただければ幸いです!

限定モデルの為、国内流通数も稀薄の1本!
ぜひ御茶ノ水FINEST_GUITARSにて是非ご確認下さい!

このギターの詳細はこちら!


 

ファイネストギターズなら今回ご紹介したモデルはもちろん、多数のモデルから比較頂けます!

ファイネストギターズのギブソン在庫はコチラ!

この記事を書いた人

濱田 怜
御茶ノ水本店 Finest Guitars ギブソンフロア担当。神奈川県出身。幼少期にピアノを習い、小学校時代よりエレキギター、ドラムを演奏し、大学時代からはライブハウスで仕事しながら、ソロギターの魅力に取り付かれアコースティックギターもプレイ。イシバシに入社後、DTMにも興味を持ち現在奮闘中。ファクトリー出張の経験や、ヴィンテージギターの海外買付の経験も有る。新宿店アコースティックフロア担当後、御茶ノ水本店 Finest Guitars ギブソンフロア担当となる。

Category