【Washburn通信】最終回 Washburn&ヌーノはやっぱり最高♪

Washburn Washburn通信 エレキギター
Hi!!どーもーWashburn 担当の近藤でございます。
【Washburn通信】と銘打ったコラムの・・・なんとっ最終回です!!!

思い起こせば2年前の同じような時期・・・

Washburn日本総輸入代理店として、情報発信が必要とのお達しが来ました。

そして担当として指名されたのが私だったのです。

この2年間の執筆を振り返ると・・・まあヌーノの事を書いてましたね(笑)


元々、私の青春時代のギターヒーローはヌーノであり、その”好き”が役得?となったのかこの2年間で3度の対面をさせて頂きました。



まぁ、男前ですし(笑)、間近で見たギタープレイは非常に貴重な物(ライブじゃなくて控室などのクローズされた場面)でして、これまた役得でした。



皆様もご存じの通り、ヌーノが日本のファンに対する気持ちは非常にアツく(もちろん日本だけでなく世界中のファンに対するアツさはSNS等でも垣間見られますが)、イベント後のお客様より感謝のお言葉を多数お聞きしました。

我々もやってよかった!とアーティスト、主催者、ファンが一体となった感じがありますね♪



そんな感じで最後になりましたが、ホントに最後のスペシャルな商品紹介を一つ・・・

Washburn / Specially made Rihanna V “One-of-a-Kind”




 



こちらはヌーノが所有していたプライベートコレクションの1本で、サポートとしてバックでギターを弾いていたあの歌姫リアーナ(Rihanna)が弾いていたギターです。

そう、これはヌーノモデルではなく、Washburnがリアーナの為に特別に作った一品!!!

なぜヌーノが持っていたのか?は判りませんが・・・ヌーノがリアーナのバックでギターを弾いている所で、Washburnからリアーナ為に作るというコネを作ったのがヌーノだったから・・・かな?

いずれにせよ、ヌーノが持っていたのは事実(証明書あり!)であり、リアーナが実際にライブで弾いていたというプレミアム中のプレミアム商品!!!

お問い合わせはコチラよりどーぞ♪

『Washburn / Specially made Rihanna V “One-of-a-Kind”』



さて、皆さま長々とお付き合いありがとうございました。

私の「Washburn通信」はひとまず今回で終了です。

次は某店の某スタッフが新たなコラムを書く予定ですのでお楽しみに♪



Washburn製品のお問い合わせはお近くのイシバシ楽器へどーぞ♪

◆Washburn製品在庫一覧◆

皆様・・・Washburn(ワッシュバーン)というブランドに興味が出た方は過去の記事も要チェックですyo!

『Washburn通信バックナンバー』

『第1回 ワッシュバーンとは?』
『第2回 どんな楽器があるの?』
『第3回 N4というギターを使うヌーノって誰?』
『第4回 ヌーノが使うN4ってどんなギター?』
『第5回 ヌーノが使うP4ってどんなギター?』
『第6回 ヌーノが使うN4 Padaukってどんなギター?』
『第7回 ついにヌーノが来日!!! ツアーの裏側も含めたレポート!!!』
『第8回 ヌーノが使うアコースティックギターは?』
『第9回 小さいアコギはじめました!』
『第10回 今年最後も、、やっぱりNunoでしょ』
『第11回 Ola Englund(オーラ・イングランド)って誰だ?』
『第12回 NAMMでMichael Sweet(マイケル・スウィート)が来場!』
『第13回 メタルキッズ要注目のParallaxeシリーズ!!!』
『第14回 シュレッダー要注目のParallaxeシリーズ!!!』
『第15回 『GENERATION AXE』 でヌーノが再来日!!!』
第16回 『GENERATION AXE』 でヌーノが再来日時のレポート!!!』
『第17回 ヌーノ・ファン必見!遂にN61&N24が入荷!』
『第18回 Nシリーズの中でも異彩を放つN61!』
『第19回 もはや異次元の領域と言える8弦ギター!!!』
『第20回 旅のお供に欠かせない逸品のご紹介』
『第21回 旅の途中でAMPがあったら活躍するミニギターのご紹介』
『第22回 12弦ギター使ってみませんか?』
『第23回 小柄で安価なエレガットはいかがですか?』
『第24回 ヌーノ!ヌーノ!ヌーノ!来日♪』
『第25回 ヌーノ!ヌーノ!ヌーノ!来日レポート♪』
『第26回 ヌーノ!ヌーノ!ヌーノ!来日レポート♪(ウラ話編)』
『第27回 奇跡的な入荷!直筆サイン入りN4 Authentic』
『第28回 今年最後も、、やっぱりNunoでしょ(去年と同じタイトルですが・・・)』
『第29回 単板TOP、カッタウェイのエレガット』
『第30回 The NAMM show 2018の時期がやってまいりました!!!』
『第31回 The NAMM show 2018レポート!』
『第32回 まだまだ続くThe NAMM show 2018レポート!』
『第33回 これで最後だ The NAMM show 2018レポート!』
『第34回 ヌーノさんPN4ありがとう!』
『第35回 ヌーノさんN4 Korinaをありがとう!』

この記事を書いた人

近藤 貴彦
心斎橋店ストアマネージャーを卒業し、現在は関西エリアマネージャーにしてWashburn Guitarsの担当者。 ヌーノ・ベッテンコートやポール・ギルバート等の90年代ギターヒーローに憧れた世代で、専門学校でギタークラフトを学んだ後にアルバイト入社し社員登用後、現在に至る。弦楽器だけでなくシンセや管楽器など幅広く担当をこなし、奇妙なギターが大好きという自称 天邪鬼で無駄話と無駄知識が大好きなベタ関西人。

Category