よく見るようなルックス、しかし実は大変貴重な1本でした。

Gibson アコースティックギター ヴィンテージ
御茶ノ水本店 HARVEST_GUITARS:濱田と申します。
普段は隣の店舗である御茶ノ水本店 FINEST_GUITARSにてプラグインタイプのアコースティックギター、通称エレアコをご案内させて頂いておりますが、今回は志向を変えてHARVEST_GUITARSにお邪魔してギブソン・ヴィンテージギターをご案内したいと思います。

さて、ギブソン・アコースティックのヴィンテージといえば69年までをそう呼ぶのが現代での通例、と言われますが、そのヴィンテージの中でも新しい60年代後半、大変状態良好であるギブソン・アコースティック「J-45」よりオリジナル・レアフィニッシュの1つでもあるチェリーカラーモデルをご紹介したいと思います。

Gibson / 1968年製 J-45 Cherry Red -Original Finish-





J-45というとやはりサンバースト・カラー。
ということを想像されると思いますが、本器は60年代後半にのみ製造された「Cherry Red」カラーを採用した大変稀少なモデルです。円熟味のあるチェリーカラーがより一層の風格を醸し出しております。

特に68年後半に採用され始めたGibsonロゴワンポイント&ネジ止めのピックガードを採用。



そして69年よりダウンベリー、ないしボトムベリーブリッジへ変更される前の「アッパーベリーブリッジ」時期の仕様。



ギブソンファンのツボを刺激するようなスペックがオリジナルで採用されている非常に稀少な時期のモデルです。
それぞれの仕様の過渡期とはいえ、当時でいえばこのスペックは1年にも満たない極少数でしか製造されていないのではないでしょうか。現に市場での流通数も少なく非常に貴重な1本と言えます。

この時期のネックはナローネック時期ですが本器のナット幅はmm単位で言えば約40mm、ローズウッド指板の仕様となっております。
フレットやナットといった消耗品は交換されている為、直ぐに交換が必要ということもなく即戦力として演奏頂けます。



ヘッドロゴのゴールド・シルクスクリーンロゴも褪せず残っており、ヘッド裏にはオリジナル3連2ライン”DELUXE KLUSON”のペグが取り付けられております。



コンディションも大変良い状態を保っております。
6弦側ブリッジ横のボディに一部塗装タッチアップ跡が見られますがしっかりと修復されており、ボディ内部よりその個所を確認しましたが特に手を施した跡は見られず、トップの表面のみの修正と思われます。
※上記ブリッジ写真参照

その他全体的に見てもヴィンテージの中では傷も少なく、表面及び裏面のチェリーカラーの退色具合もそこまでみられず赤みがしっかりと残っている状態から見ても保管状況の良かった個体だったと思わせます。



60年代特有のアジャスタブル・サドルの中でも木製サドルを採用した本器は、ジャキジャキとしたアタック感がありつつも角の取れた丸みを持っており、
それがギブソン本来の野太く甘い箱鳴り感と絶妙にマッチし、60年代後半のJ-45らしい独特のトーンを奏でる個体に仕上がっております。



特にこのようなコンディションの良いヴィンテージも年々数が減ってきてしまっております。
コレクターズアイテムとしても稀少なスペック、そしてプレイヤー目線としても状態良好という2つを兼ね備えた極上の1本。

ぜひお見逃しなく、HARVEST_GUITARSもしくはFINEST_GUITARS:濱田までお問い合わせくださいませ。

本器の商品ページはこちらから

この記事を書いた人

濱田 怜
御茶ノ水本店 Finest Guitars ギブソンフロア担当。神奈川県出身。幼少期にピアノを習い、小学校時代よりエレキギター、ドラムを演奏し、大学時代からはライブハウスで仕事しながら、ソロギターの魅力に取り付かれアコースティックギターもプレイ。イシバシに入社後、DTMにも興味を持ち現在奮闘中。ファクトリー出張の経験や、ヴィンテージギターの海外買付の経験も有る。新宿店アコースティックフロア担当後、御茶ノ水本店 Finest Guitars ギブソンフロア担当となる。

Category