【Washburn Nuno Models Diary Vol.3】N6という名の名機

Washburn Washburn Nuno Models Diary
イシバシ楽器渋谷店Washburn担当 由利がお届けするNuno Models Diary。

皆様お久しぶりです。

いきなりですが今回は渋谷店にレアなモデルが中古で入荷いたしましたのでこの記事を書かせていただきます。
この記事が皆様の目に届く頃にまだ商品があるかまでは定かではございませんが、
生産終了となっているモデルだけに折角なので皆様の参考になる様な形で残せたら・・・と思った次第でございます。

最後までお付き合いいただけますよう何卒宜しくお願い致します。

さて、タイトルにもあるように今回ご紹介いたしますモデルは
Washburnのヌーノ・ベッテンコートモデルの中でも現在生産終了となっているN6でございます。


このモデルはEXTREME脱退後のヌーノのソロワークの一つでもあったDRAMAGODS時代にヌーノが使用していたギターで
それまでのNシリーズとは全く違ったスペックとなっています。
最も特徴的な違いとしてまずPUレイアウトがSSH配列になっている事、
ピックガードがマウントされている点、
そしてヌーノがワッシュバーンとエンドース契約をして以来初となる塗装の乗ったモデルであるというこの3点です。
(例外としてスェードはありますが・・・)

ネックシェイプは通常のN4よりも若干幅広なタイプとなっている為、N4のネックシェイプに慣れているユーザー様の中には
違和感を感じる方も少なくないようです。

 

N6と同時期に発売されていたN5が3シングルレイアウトに対し、N6はSSHレイアウトになっている為
より幅広く使う事の出来る汎用性の高いモデルでした。

今回入荷したこちらの個体はN6の中でも最も代表的なクリームカラーとなります。
パーツの交換やキズ等はございますが前オーナー様がしっかりと使っていた個体だという事が感じ取れる1本です。



この記事がヌーノファンの皆様にとって少しでも参考となっていただけたら幸いでございます。
良いギターライフ、良いヌーノライフを。

それでは次回のWashburn Nuno Models Diaryをお楽しみに。

この記事を書いた人

由利尚崇
イシバシ楽器渋谷店にて輸入ギターを担当。イシバシ楽器きってのWASHBURN通。Washburn N4シリーズの商品知識及び過去の販売本数はイシバシ楽器でもトップを誇り、N4にかけるアツイ情熱と執念は他の追随を決して許さない。自身でもN4を2本、P4を2本愛用、現在発売しているN4 AUTHENTIC、P4 REISSUEを始め多くのヌーノ・ベッテンコートモデルの企画発案者でもある。N4 担当者としての圧倒的な知識とユーザーの要求にとことん応える親身な接客は多くのユーザーから賞賛を浴びている。正にNothing But N4である!!

Category