【JAZZ GUITAR紹介VOL.5】Paul Reed Smith (PRS) / 509 10top Gray Black

PRS ジャズ
いつもGuitarQuestをご覧いただき誠にありがとうございます。
イシバシ楽器梅田店ジャズギター担当の石間と申します。

個人的にジャズギターを愛用していることもあり、ニッチなギター業界の中でさらにニッチな部類に属する「ジャズギター」にスポットを当ててご紹介させて頂くこのコーナー!

本日は定番の箱もの系から外れてモダンスペック!多彩なサウンドメイクが可能なマルチプレイヤー

Paul Reed Smith (PRS) / 509 10top Gray Black

のご紹介をさせて頂きます!

参考にプロギタリストであるティモシーリード氏(Timothy Reid) に ちょっとジャズっぽいサウンドデモを弾いて頂きました!

参考動画はこちら


こちらは1つの5ウェイブレードスイッチと2つのトグルスイッチの組み合わせによる9通りのサウンドを選択可能な非常に幅広い

サウンドメイクが可能な逸品!(名前の由来は5つのピックアップで9通りのサウンドを出せるという事です)



現代のプレイヤーのニーズに応え、激しいロックサウンドから、ジャズ、ブルース、ファンクと縦横無尽に幅広いサウンドを

操る方には是非お試し頂ければ幸いです。



ちらの個体はトップ材に10topグレードの材を使用。数多くの木材を保有するPRSの中でも選び抜かれたものとなっており外見、音響特性共にずば抜けております。



509の特徴的なスペックとして、高域の倍音特性を伸ばす長めの25.25インチ・スケールの採用!



是非店頭にてこの次世代のマルチギター

Paul Reed Smith (PRS) / 509 10top Gray Black【S/N 251557】


をお試し頂ければ幸いです。
さらにイシバシ楽器梅田店は関西最大級のPRS展示店舗でございます!
是非一度ご来店下さいませ!




【おまけ】紹介動画追加致しました!こちらは

2018NAMMでも注目を浴びたSantana Retro!


YOUTUBE 1484TVでも随時情報更新しておりますので


こちらも是非チャンネル登録お願い致します!




詳しいお問合せは担当:石間まで♪

店頭での試奏も勿論大歓迎!

皆様のご来店を心よりおまちしております!

 

<ティモシー・リード/プロフィール>

2010年にデビューアルバム「electric-zenn」をひっさげイギリスのロック・シーンから突如現れた新星ギタリスト。 2011年日本に活動の拠点を移し、

そのユニークなコード・ヴォイシングと卓越したギターテクニックが注目されている。

ティモシーリード公式サイトはこちら


 




Category