【NAMM2019】Fenderよりファン待望のジミー・ペイジによるアーティストシグネイチャーモデル4製品が公開

FENDER FENDER CUSTOM SHOP Fender USA NAMM SHOW 2019 エレキギター 新製品情報
「LED ZEPPELIN I 」50周年記念
ファン待望のジミー・ペイジによるアーティストシグネイチャーモデル4製品が公開




ロックの最も象徴的な楽曲を世に知らしめた「LED ZEPPELIN I」から50周年となる2019年、そのアルバムの中でジミー・ペイジが使用していた印象的な「ミラー付TELECASTER®」、そして「ドラゴンペイント入りTELECASTER®」のリイシューがこのプロジェクトの中核をなしています。 今回発表されるのは4モデル。そのうち、2モデルが「LIMITED EDITION JIMMY PAGE TELECASTER SET」としてFENDER CUSTOM SHOPから発売され、さらにもう2つのモデルはフェンダーのレギュラーラインから今年の夏頃に発売予定となります。
ファンが待ち望んだ、数々の珠玉のリフを奏でたあのサウンドが甦ります。

ジミー・ペイジがLED ZEPPELINを始動した当時、THE YARDBIRDS在籍時に前任のギタリストであったジェフ・ベックから譲り受けたTELECASTER®を使用し、歴史に残る壮大なリフと激しいソロを世界に向けて放ちました。1967年2月に、おそらくピンクフロイドのシド・バレットに影響を受け、彼はギターの本体に8つの丸い鏡を加えました。 1967年半ばまでに、彼はそのギターの塗装を剥ぎ取り、美術学校でのトレーニングを受けながら、象徴的な「ドラゴン」デザインの元となった絵柄をペイントすることを決意します。仕上がったペイントには、緑、橙、黄色、青、そして赤といった色とりどりのカラーで曲線や渦巻き、サイケデリックな模様が組み合わさった、抽象的な日本風のドラゴン模様が描かれていました。





このギターが辿ってきた旅そのものが、このギターの価値を物語っています。ジェフ(・ベック)が気前よく私に譲ってくれたその愛に溢れるジェスチャーから始まり、THE YARDBIRDS、そしてLED ZEPPELINのファーストアルバムでの活躍を経て、今日に至るまでの紆余曲折の中に、このギターの真の美しさが潜んでいるのです。今まさに、その美しさが甦り、その美しさを含めて、完全再現できたのではないかと感じています。」とジミー・ペイジは語ります。

4つのモデルの中には、FENDER CUSTOM SHOPマスタービルダーであるポール・ウォーラーが手がけた2つの非常にコレクティブな限定生産のFENDER CUSTOM SHOPバージョンも含まれており、そのうち1つはミラー付、もう1つはドラゴンのペイント入りモデルです。

この FENDER CUSTOM SHOP によるセットは、ミラー付モデルのヘッドストックに手書きの署名を入れたり、ドラゴンペイント入りギターのアートワークをジミー自身が描き入れたり、両モデルに直筆サイン入りの認定証が同梱するなどこの限定ギターでしか味わえない特別感を演出しています。

ジミーは実際に私たちをロンドンの彼の家に招待して、そこで彼と一緒にギターのスペックを詳細に調べました。」と、ポール・ウォーラーは述べます。
ジミーは実に密接にプロセス全体に関わり、全ての細部が正確に再現されているかどうかをチェックしたのです。
1 年以上経った今、私たちはこのプロジェクトを経て、ジミーと彼のギターが進化していった軌跡を復活させることに成功しました。ギターが進化するにつれて、ジミーの経歴も変わっていったのです。ドラゴンが生まれたことで、彼の音楽は変化を遂げ、そしてレッドツェッペリンが生まれたことにもつながります。それはギターと音楽の歴史にとって極めて重要な瞬間と言えるでしょう。

FENDER CUSTOM SHOP の製品開発担当ヴァイスプレジデント、マイク・ルイスは、次のように述べています。

昨年末に、ジミー・ペイジが FENDER CUSTOM SHOP を訪れ、私、そしてポール・ウォーラーと3人でそれぞれのギターをじっくり突き詰めていきました。ジミーがそのギターひとつひとつに触れていくと、彼がいかに情熱を注いでいるかが手に取るようにわかったのは本当に驚きでした。これこそが FENDER CUSTOM SHOP なのです。アーティスト、そしてコレクターやギタープレーヤーのために、あらゆるところに夢を築いていくことが、私たちの使命なのです。

FENDER CUSTOM SHOP モデルはツーピースアッシュボディに、FENDER CUSTOM SHOP 製 HAND-WOUND '58 SINGLE-COIL ピックアップ、1950 年代後期仕様のトップロードブリッジ、7.25 インチラジアスのローズウッド指板を搭載、 そしてミラー付モデルにはホワイトのピックガードが、ドラゴンペイント入りモデルにはクリアピックガードがそれぞれ採用されています。

ミラー付モデルには、ヴィンテージスタイルのツイードハードシェルケース、ブラックコイルケーブル、ACE “ステンドグラス”ストラップ、HERCO®ギターピック、直筆サイン入りの認定証が同梱されます。

ドラゴンペイント入りモデルには、カスタムハードシェルフライトケース、白いシートベルトスタイルのストラップ、スーパーロングホワイトレザーストラップ、レッドコイルケーブル、バイオリンの弓、ロジン、 HERCO®ギターピック、および直筆サイン入りの認定証が同梱されます。

さらにドラゴンペイント入りのモデルとミラー付のモデルは FENDER CUSTOM SHOP からだけでなく、通常ラインでの生産も予定。

通常ラインモデルに関しては、ジミー・ペイジ本人の直筆サインやペイント入りではないものの、いずれもジミー自身が開発に携わり、スペックの最終チェック、ペイントの監修をしています。

仕様は OVAL C シェイプのメイプルネック、 50S TELECASTER®ツーピースボディ、スルーボディまたはトップロードストリングトップローダーブリッジ、カスタムシングルコイルピックアップ、ラッカー仕上げ。

ミラー付モデルはヴィンテージツイードケースに 8 枚のミラー(ジミーがギターに施したカスタマイズへのオマージュ)、さらにブラックコイルケーブルが、
ドラゴンペイント入りモデルはデラックスブラックケースとレッドコイルケーブルが付属します。


※発売までに仕様、付属品などが変更になる場合があります。

イシバシ楽器取扱店、各モデルの入荷時期、価格などについては続報をお待ちください。

ジミー・ペイジ出演の開発インタビューはこちら(英語のみ)

(YouTubeの機能で 設定>字幕:英語 自動翻訳:日本語で、おおまかな英語からの日本語訳の字幕表示が可能です)




Category