【NAMM2019】 Gibsonから125周年アニバーサリーモデルを発表!

Gibson Montana Acoustic NAMM SHOW 2019 アコースティックギター 新製品情報
イシバシ楽器WEB SHOPの納富です。

ますます盛り上がっていますね~~NAMM SHOW 2019 !!

昨日ご紹介しました「G-45 Studio」「G-45 Standard」の他にも、125周年アニバーサリーモデルが発表されました!

オーヴィル・ヘンリー・ギブソンが、ミシガン州Kalamazoo(カラマズー)で楽器製作を始めたのが「1894年」、それから125年経った今年が2019年。

今年はGibson社にとっても特別な年になりますね♪

それでは見ていきましょう!

 
Gibson / 125th Anniversary J-45 Autumn Burst



Body TopにLutz Spruceを、Side/BackにQuilted Mahoganyを使用。

バインディングが施されたヘッドには、Mother of Pearl を使用した見事な「125th」インレイが施されています。



Gibson / 125th Anniversary Hummingbird Autumn Burst




Body TopにLutz Spruceを、Side/BackにQuilted Mahoganyを使用。

バインディングが施されたヘッドには、Mother of Pearl を使用した見事な「125th」インレイが施されています。




Gibson / 125th Anniversary SJ-200 Autumn Burst




Body TopにLutz Spruceを、Side/BackにQuilted Mapleを使用。

バインディングが施されたヘッドには、Mother of Pearl を使用した見事な「125th」インレイが施されています。




3モデルともTopに「ルッツ・スプルース」を使用しています。

今までGibsonアコースティックでは、スプルースはシトカ、アディロンがほとんどで、たまにイングルマンを使っていましたが、今回はルッツ・スプルースです。

近年Taylorではお馴染みでしたが、Gibsonでは珍しいですね~。

ルッツ・スプルースはカナダの一部の地域でのみ採れる木材でシトカ・スプルースとホワイト・スプルース(カナディアン・スプルース、イングルマン・スプルース)の自然交配種です。シトカの弾力性とホワイトの美しくきめの細かい白さを持ち、パワフルでボリューミーなサウンドが特徴で、シトカとホワイトのハイブリッド材として重宝されています。



あっ、ちなみに、125th Anniversary Monarch も発表されたようです!価格が・・・・(ご想像にお任せいたします 笑)




上記の商品のお問い合わせはこちらから♪

※具体的な価格、納期は未定です。入荷するかも不明です(笑)予めご了承くださいませ。

 

納富 悦郎 -プロフィール-

1981年生まれ。元御茶ノ水本店Harvest Guitars副店長兼弊社Gibsonアコースティック担当。中学時代よりギターを始め、10代の頃はバンド、20代の頃はDTMでの作曲活動(CS放送のとある番組のエンディング曲も担当)、30代に入ってからは原点回帰でギターを楽しむ。
イシバシ楽器に入社してからはデジタル、スクール、ドラム、ギター、買取などを担当し、WEB SHOP在籍時より本格的にアコースティックギター担当となる。
Gibson/Martin/Taylor/Cole Clark/YAMAHAなどの主要ブランドのファクトリーツアーや現地買い付け、オーダーなどを経験。
フェイバリットミュージックは'90年代のビーイング系、アメリカンロック、ロックフュージョンなど。フェイバリットギタリストはRichie Kotzen。

Category