【Washburn Nuno Models Diary Vol.10】N5

Washburn Washburn Nuno Models Diary Washburn Nuno Models Diary エレキギター
イシバシ楽器渋谷店Washburn担当 由利がお届けするNuno Models Diary。
4月に突入して早々珍しいギターが入荷致しましたのでご紹介させていただきたく思います。
どうぞ最後までお付き合いいただけますよう宜しくお願い致します。
今回入荷致しましたのはN5でございます。


こちらのモデル、これまでのヌーノギアの中でもかなり存在感の薄いモデルではありますが、
ギターとしてはかなり使える1本となっています。
同時期に生産されていたN6とほとんど変わらないスペックではありますが、
N6がSSHレイアウトのピックアップであったのに対しN5はスリーシングルレイアウトになっています。


ピックアップにはSeymour DuncanのSTK-S5というスタック構造のモデルが搭載されており
通常のシングルコイルよりもノイズが少なくパワー感のあるピックアップでこのモデルにのみ採用された仕様の特別モデルです。
これはヌーノモデルとしては唯一のスペックとなっており、
シングルコイルギターをメインでお使いの方には特にオススメの1本と言えるでしょう。
通常販売されていた当時も決して流通量自体は多くなく、近年中々市場に出回らないギターとなっています。
今回入荷した個体はコンディションも良い状態となっております。



今回のNuno Models Diaryはここまでにさせていただきます。
引き続き次回も楽しんでいただけるよう頑張ります。
良いギターライフ、良いヌーノライフを。

それでは次回のWashburn Nuno Models Diaryをお楽しみに。

 

Washburnの最新在庫情報はこちらをご覧くださいませ!

この記事を書いた人

由利尚崇
イシバシ楽器渋谷店にて輸入ギターを担当。イシバシ楽器きってのWASHBURN通。Washburn N4シリーズの商品知識及び過去の販売本数はイシバシ楽器でもトップを誇り、N4にかけるアツイ情熱と執念は他の追随を決して許さない。自身でもN4を2本、P4を2本愛用、現在発売しているN4 AUTHENTIC、P4 REISSUEを始め多くのヌーノ・ベッテンコートモデルの企画発案者でもある。N4 担当者としての圧倒的な知識とユーザーの要求にとことん応える親身な接客は多くのユーザーから賞賛を浴びている。正にNothing But N4である!!

Category