【Sound Port Technology】サイドボディ・サウンドホールの魅力

その他 アコースティックギター 中古楽器
いつもイシバシ楽器をご利用頂きありがとうございます。中古アコースティックギター担当の冨田と申します。
いよいよ春らしくなった季節のお供に、おススメの一風変わった中古ギターをご紹介させていただきます!

【中古】 SPT / SPT-ELITE/N 【Sound Port Technology】

⇒詳細はこちら

米カリフォルニアに拠点を置く新興ブランドとして設立後、現在ではLANDSCAPEギターとしてフルアコ中心のリリースを重ねている「Sound Port U.S.A.」アコースティックギター。

グランドオーディトリアム・ボディにカッタウェイを施した、フィンガーピッキング・スタイル向けの定番スペックを擁した本器。
最大の特徴は、ボディサイドに空けられた独創的なデザインの音響孔です。



デザインのモチーフは花蕾でしょうか。美しく精度の高い加工が施されています。

サウンドホールが弾き手側に寄せられた設計はタコマ社のアコースティックギターでも有名ですが、こちらのSPTサウンドホールからは、やや奥まったようなサラウンド感のある響きが立ち上がります。
サイド面2箇所にホールが空けられてるという点で、自然なステレオ感が生まれているのかもしれませんね。



プレイヤー自身の耳で音色を確認しやすい音響設計は、演奏面にも有利な点が多くあります。
体感的なボリューム感はもちろんのこと、必要以上に頑張って弾かなくてもレスポンスを感じやすいので、右手の力を抜いてピッキングに余裕を持たせることができます。
より繊細に、表現力豊かな右手のタッチを獲得することが可能です。



フィンガーピッキング・ギタリストにとって右手の表現力は重要な課題なので、トレーニング用のギターとしても頼れるパートナーとなることでしょう。
粒立ちの良いクリアな音色を備えつつも、コストパフォーマンスに優れた中古品であることも嬉しいポイント。セカンドギターとして手に取りやすいモデルとなっています。

実用性と造形美を兼ね合わせる一本、ぜひお手元でお確かめください!

⇒詳細はこちら