【NAMM 2017現地レポート】 Fenderブースより

FENDER FENDER CUSTOM SHOP Fender USA NAMM SHOW 2017 ギターアンプ ベース 新製品情報
今年もイシバシ楽器スタッフがNAMM会場から、さまざまな情報をお届けします!

Fender


16143318_1325389470815181_5957866671623738959_n

NAMM開催の前日に会場にて行われたレセプションに当社スタッフが行ってまいりました。昨年の様子と異なり、今年は白を基調としたスタイリッシュな空間が演出されております。

16105674_1325389497481845_4099096834177363942_n

会場内では毎年恒例?とも言えるSHOW MODELが一同に展示されています。こちらはカスタムビルトといってCSのヴェテラン職人がチームを組んで製作したラインナップ、以前はチームビルトカスタムと呼ばれてましたね。

その中には楽器が見えなくなりそうな位に無数のカードは刺さっています。

16105838_1325389477481847_1073019588125783062_n

これは、そのギターを買いたい世界中のディーラーが商品にカードを入れています。
その後に抽選で選ばれたディーラーが購入権を得るというシステムになっているのです。
何もここまで刺さなくても・・・・楽器の全体像が全く見えない・・・。

16105625_1325389514148510_2729219373195671982_n

他にもCUSTOM SHOPの製品は多数展示されており、真ん中の3種類の「BASS VI」が目を惹きます。ビートルズやジャック・ブルースのようにベースの代わりに使うも良し、バリトンギター的なアプローチもOKです。

16174384_1325396580814470_8012032495576885511_n

大体3年ほど前からステージでプレイされる機会が増えたエリック・クラプトンの新しいシグネチュアモデル「Journeyman Relic Eric Clapton Signature Stratocaster」も正式に発表になりました。
サンバーストに関しては、2016年来日公演のフライヤーや、2015年にDVDが発売されたロイヤルアルバートホールの70歳記念コンサートでも確認できるのでコアなファンの方には既におなじみでしょうか。

16174556_1325396584147803_3176289940289732889_n

ボディカラーから見える杢目でお解かりの方も多いと思いますが、ボディは2ピースのアッシュが使われています。
従来はアルダーボディで製作されてきましたので、比較するとよりエッジの効いたアコースティックな響きのあるサウンドに感じられますね。

電気系統はVintage Noiselessピックアップに、25dbのActive Mid Boostという定評のある組み合わせ。
TBXトーンに関してはチームビルトのみ搭載で、マスタービルトは通常のトーンとなることが推測されます。

16114545_1325396607481134_470334142721096875_n

現行のCUSTOM SHOP製のシグネチュアモデルと同様にサインはヘッド裏に入っているのもポイントです。イシバシ楽器店でもオーダーをかけておりますので、入荷時期等の続報がありましたらあらためてお知らせいたします!

「FOUNDERS DESIGN」


そして、2017年のフェンダーカスタムショップ目玉企画はこちら。この日の会場で華々しく披露された「FOUNDERS DESIGN」です。1987年当時のFENDER CS創設時のメンバーが再びフェンダーのために再招集され、各自が新しくデザインしたモデルが発表されました。

創生期のマスタービルダー兼デザインエンジニアを務めたマイケル・スティーヴンス、カスタムショップのマネージャーを務めた経歴もあるジョン・ペイジ、テレキャスターマスターとして高い評価を受けているフレッド・スチュワート、クラプトンモデルのデザインを手がけたことで有名なジョージ・ブランダ。
さらには、クラプトンやベックからも厚い信頼を得ていたJ.Wブラック、近年のカスタムショップで長年リーダー格の存在であったマーク・ケンドリック、カントリーウエスタンテイストのある芸術的ギターを多く手掛けたアラン・ハミル、ロベンフォード専属ビルダーとして活躍していたジーン・ベイカーまで…。



大きなヴィジョンで流れていた映像はこちらです。



いずれも業界の中でトップクラスの影響力を持っている名匠ばかり。今はFenderを離れ別々の道を歩んでいる元マスタービルダー達が30周年を迎えたFender Custom Shopの為に一堂に会する光景はまさに圧巻です!

16143239_1325451967475598_404897779393998547_n

有名な帆船に使われていたオーク材を使ってキャビネットを制作したMaster Build Ampも展示。
ベースになっているのはHand Wiredの「Champ」と「Pro」です。

16114211_1325452007475594_7677772772662316510_n

キャビネットだけでなく、ハンドル部分も非常に凝ったつくりになっています。
ちなみに値段は・・・なんと「Champ」が$10,000! 「Pro」が$20,000!

16142676_1325451977475597_9014349298405323117_n

もちろん毎年恒例になっている特別仕様モデルも展示されています。
今回はシニアマスタービルダー、Yuriy Shishkovが手掛けたオールドカメラをモチーフにしたギター。
動画ではちょっと見難いですが装飾やパーツまで非常に丁寧な仕事っぷりです。



アメリカ国内で行われている「MOD SHOP」に関するの展示もありました。
「YOU DESIGN IT,WE BUILD IT」というキャッチコピーが表す通り、ボディや指板、カラーなどをチョイスして自分デザインのギターがオーダー出来ます。

16142728_1325564424131019_3523426824937824659_n

アメリカ国内では何と約30日で届くそうです。
日本での展開は今の所予定がないとのことですが、フェンダー好きなら今後要チェックですね!

15977946_1325564444131017_5150489299351748436_n

最後にご紹介するのはAmerican Professional Series。昨年末から一部出荷が始まっておりましたが、今回のNAMMで正式に発売がアナウンスされました。
1986年からのロングセラーモデルであったAmerican Standard Series(通称アメスタ)の後継機種にあたり、イシバシ楽器店でも解説特集・カタログページをご用意しております。

16142454_1325579634129498_4730502844826816700_n

16002879_1325579637462831_4870392619104863706_n

16003289_1325579657462829_4475965034856320734_n

ざっと駆け足で紹介しただけでもお解かりいただけるように、本当に沢山のギター・ベースが展示されておりブースに足を運んだ人たちの目を釘付けにしています。

16105858_1325579620796166_5663305386388473896_n

最後に、会場を歩いている感覚でご覧いただける動画をどうぞ!