BOSSからTube Logicを使用した新アンプ「Nextone」2機種が発売決定!

BOSS Roland ギターアンプ 新製品情報
BOSSからソリッドステートギターアンプの新シリーズ「Nextone」が発表されました。

Nextoneシリーズではチューブアンプのレスポンスやフィーリングなど弾き心地の面で重要なポイントとなるパワーアンプセクションの動作に着目。
WAZA AmpBlues Cubeなどでも御馴染みのTube Logicテクノロジーを使用し、「6V6」「6L6」「EL84」「EL34」という4種類のパワー管のキャラクターをリアルに再現しています。

クリーン/リードの2chにトレブル、ミドル、ベースの3バンドEQ、プレゼンスコントロールというシンプルな構成ながら、Boost/Toneスイッチやモード切り替えの組み合わせでプレイヤーの嗜好に合わせた音作りが楽しめます。

ビルトインのエフェクターはディレイセクションとリバーブセクションが用意されており、TAPボタン付きのディレイセクションは「アナログ」「テープ」「SDE-3000」「トレモロ」の4種類、リバーブセクションは「プレート」「スプリング」「ホール」の3種類から選択可能。

Mac/Windows対応のエディターソフト「Nextoneエディター」を使えば、パワーアンプ部のバイアス値やSAG、EQトーンスタックのタイプなど、アンプ部分のマニアックな作り込みから、エフェクトセクションのカスタマイズ、ラインアウト/ヘッドフォン・レコーディングアウト使用時のキャビネットマイキング設定といったさまざまな要素を操作できます。

USB経由のダイレクトレコーディングやリアンプにも対応し、4段階のパワーコントロールで自宅からスタジオセッション、ライブパフォーマンスまでをこなせる守備範囲の広いコンボアンプ。
40W仕様の「Nextone Stage」と80W仕様の「Nextone Artist」の2機種がラインナップされます。

ブラウンサウンドを追究したWAZA Amp、ブルージーなクランチに重きを置いたBlues Cubeとはまた異なる魅力を放つ新シリーズ・Nextone。
多機能にもかかわらずお手ごろなプライスとなっているので、これまでにないフィールとドライブサウンドをお求めの方や、ブティック系小型コンボアンプを自分好みにカスタマイズしたようなサウンドを鳴らしたい方には特にお試しいただきたいニューモデルです。


 



また、Tube Logicをベースに構築された真空管アンプ専用デバイス「WAZA Tube Amp Expander」も発表。



こちらはまだ開発進行中のため、製品名、仕様、概観などに変更が生じる可能性がありますが、最大150ワットの真空管アンプからの入力に対応するリアクティブロードや、10種類の設定をプリセットしMIDIでの切り替えが可能なRIG機能、BOSS GT-1000並みの高音質DSPセクションなど、チューブアンプを愛するギタリストにとってはたまらない期待の新デバイスとなっています。



WAZA Tube Amp Expanderは2019年春に発売予定、今後情報が入り次第随時お伝えします!
(※WAZA Tube Amp Expanderの製品写真は開発中のものです。製品の仕様、デザインなどは変更される可能性があります。)

Category