【NAMM2019】FenderからEFFECTS PEDALSシリーズの新モデル6機種が発表!

FENDER NAMM SHOW 2019 エフェクター 新製品情報
FENDER EFFECTS PEDALSのラインナップに「BUBBLER CHORUS」、「LOST HIGHWAY PHASER」、「MTG TUBE DISTORTION」、「DOWNTOWN EXPRESS」、「TRE-VERB」、「THE PINWHEEL」の6モデルが追加されました。


BUBBLER CHORUS



BUBBLER CHORUSは、従来の伝統的なアナログ効果に斬新な息吹を吹き込み、新たなトーンを提供します。
トグルスイッチ切り替えで、伝統的な正弦波形と三角波形を選択でき、独立したレイトとデプスコントロールを備えるスロー/ファストチャンネルを切り替えによって、最適なサウンドをダイレクトインできます。
センシビティコントロールを使うことで、まるで水道の蛇口をひねるように簡単に、演奏の強弱に応じて、モジュレーションレートを変更できます。
LOST HIGHWAY PHASER



LOST HIGHWAY PHASERは、柔軟で力強いアナログフェイズを生み出します。
フットスイッチ切り替え可能なファースト/スローのスピードは、それぞれに独立したレイトとデプスコントロールを搭載。
ゆったりしたムーディな揺れから、ワイルドなウネりのモジュレーションまで、簡単に位相を切り替えられます。
波形のトグルスイッチは、正弦波と三角波を4段階と8段階で切り替え可能で、レゾナンスを簡単に追加できます。
SENSITIVITYコントロールは、演奏の強弱に応じてモジュレーションレートを変更でき、ダイナミクスやフェイジングの強さが増加します。
MTG TUBE DISTORTION


ブルース・イグネイター氏と共同設計したMTG TUBE DISTORTIONは、完全オリジナルのフェンダーサーキットを搭載しています。
多くのペダルは、真空管の歪みを模倣にしています。
しかし、このペダルは実際の真空管を使用することで本物のサウンドを追求しました。
デザインの核はNOS(※ニューオールドストック)の米国製6205プリアンプ真空管です。
タイトコントロールと独自レベルとブーストを備え、切り替え可能なブースト搭載した3バンドEQは望み通りのサウンドを容易に生み出します。
DOWNTOWN EXPRESS


DOWNTOWN EXPRESSベースマルチエフェクトは、あなたの足元にお望みの素晴らしいベーストーンを提供します。
コンプレッサー、3バンドEQ、オーバードライブ、それぞれが独立切り替え可能です。
ミュートスイッチで信号をオフにした、サイレントチューニングも可能です。
ダイレクトアウトを使用することで、ステージからスタジオまで、あらゆる演奏形態で活用できます。
本当に強力なシグナルチェーンは、常に柔軟性が求められます。
本機は、演奏者の好みに合わせた、コンプレッサーとオーバードライブの並べ替えスイッチを搭載しています。
TRE-VERB



TRE-VERBは、独立したトレモロ/リバーブエフェクトを、あなたの足元にコンパクトで使いやすいペダルとして配置します。
63年、65年の有名なスプリングリバーブユニットと、複数のトレモロモードをベースに、伝統的なリバーブボイシングが含まれ、必要なサウンドを確実に獲得できます。
タップテンポ機能付きトーンシェイピングコントロールなどの幅広い機能は、このペダルを非常に柔軟なものにします。
ステレオ入力/出力によって、どんなペダルボードやアンプにも簡単に接続できます。
THE PINWHEEL



THE PINWHEELは、専用ビブラトーンエフェクトを含む、3種類のロータリースピーカーボイスを搭載。
個性的なウネりを簡単にエフェクトボックスに追加できます。
切り替え可能なスロー/ファストのスピードは、あなたにフィットしたサウンドを生み出します。
オンボードのオーバードライブは、トーンに異なる質感を与えます。
SENSITIVITYコントロールは、演奏のダイナミクスに基づいて、モジュレーションレートを変更でき、強く弾くとその効果がより鮮明になります。

FENDER EFFECTS PEDALSの新モデル・6機種は、2019年春に発売予定です。

Category