必要な機材~VOCALOID~

その他





①コンピューター


通常の音楽制作同様、VOCALOIDを使った音楽制作でもコンピューターには高い処理能力が求められます。


現行品として売られている機種であれば概ね問題ありませんが、OSが切り替わった直後のタイミングは関連するソフトやオーディオインターフェースが対応していない場合がありますので注意が必要です。

②歌声ライブラリ


声のもととなるソフトです。主なライブラリはこちら>>


③エディターソフト


DAWソフトとともに起動し、スムーズな編集作業を行うのに必要です。


DAWソフトと歌声ライブラリがあれば、なくても制作が可能な場合もありますが、音質と作業効率が圧倒的に変わってくるので、ぜひ使用するようお勧めします。


●VOCALOID EDITOR FOR CUBASE NEO


DAWソフト「Cubase」用のボーカロイドエディターです。「NEO」のバージョンになり、WINDOWSでもMACでも使えるようになっています。

商品ページはこちら


●VOCALOID 3 EDITOR SE


WINDOWS上で、VOCALOID3 またはVOCALOID2のライブラリの編集、制作が行えるソフトウェア。


商品ページはこちら


●Piapro Studio


クリプトンの歌声ライブラリの「初音ミクV3」「初音ミクV3バンドル」「初音ミクV3 ENGLISH」「KAITO V3」「MEIKO V3」に付属します。


WINDOWSでもMACでも使えます。

④DAWソフト


楽曲制作を進めていくソフトです。大雑把にいうとカラオケを作るソフトです。MIDIデータの録音とオーディオデータの録音が可能で、MIDIではソフトシンセサイザーを立ち上げて、ドラムやピアノの音などを鳴らして録音が可能です。


オーディオ録音では、ギターやベースなどの楽器を接続して、実際の音の録音が可能です。

「Cubase」「Studio One」「SONAR」といったものが代表的です。

オーディオインターフェースに簡易版が付属することが多いです。


●steinberg / Cubase 7


商品ページはこちら


⑤オーディオインターフェース


コンピューターとUSBケーブルなどで接続し、音の出入口となる機材です。


オーディオインターフェースを使うことで、コンピューターから出る音の音質が格段に良くなります。

コンピューターで録音したい音も同様です。


●steinberg / UR22


商品ページはこちら


初めて買うインターフェースで迷ったらコレ!というくらい低価格&高音質で、入門用におすすめのオーディオインターフェース。


●Roalnd / UA-55 QUAD-CAPTURE


商品ページはこちら


前モデルUA-25に引き続く、ベストセラーオーディオインターフェース。ループバック機能もあるので、インターネット放送にも対応します。


●Focusrite / Scarlett 2i2


商品ページはこちら


プリアンプで有名なフォーカスライト社のオーディオインターフェース。海外メーカーならではの、音の厚みがあります。アルマイト仕上げの赤がかっこいい!


Category