Gretsch G6136T White Falcon

Gretsch エレキギター
今、人気沸騰中のホワイトファルコンを元にグレッチギターの魅力を一部ご紹介。

80-311539700-1527_2

17インチ幅のワイドなボディ、ホワイトカラーに映えるゴールドパーツ。

そのルックスから世界一美しいエレキギターと言われるホワイトファルコン。

かっこいいのは分かるんだけど、コントロールの使い勝手がイマイチ分からない。。。

 

というお客様へワンポイントアドバイス

 

こちらのホワイトファルコンをはじめ、代表的なG6120、ソリッドボディのデュオジェットなど、

グレッチギターの多くのモデルには、ボディ上部にセレクタースイッチが2つ付いています。

 

片方はピックアップセレクター、もう片方はトーンセレクター。

 

ピックアップセレクターについては言わずもがな、「トーンセレクターって、何??」と思われる方も多いことでしょう。

 

トーンセレクターについて、日本国内正規販売元である神田商会様のページを見ると、

 

マスター・トーン・セレクター(Master Tone Selector):3パターンのトーン・セッティングを切り替えるスイッチです。

リア・ポジションでは、ベースを強調し、ミドル・ポジションではニュー トラル、フロントポジションではハイ・フリケンシー(高音域)を若干抑えます。

 

と書いてありますが、これだけではいまいちピンと来ないのではないでしょうか。

 

ようするに、一般的なトーンコントロール同様にハイを絞ることで、甘いサウンドを作り出しており、

「なるほど、ジャズを弾く人だけが使うアレだな」 というようなことは想像できるかと思います。

 

ここで!

 

近年改めて注目されるグレッチギターの使い方を一つ。

ガンガンに歪ませたドライブサウンドでこのトーンセレクターを↓向きに切り替えてみて下さい。

 

するとどうでしょう!ホロウボディモデルにありがちな、上下左右に分散される音の指向性が、

スッ!と真っ直ぐ、ストレートに!!出力される感覚が分かるかと思います。 😯

 

これ、バンドアンサンブル時には非常に使える技で、他の楽器を邪魔せず、

それでいてしっかりと主張する、しまりの良いサウンドに変ってくれるんです!

 

いやはや誰が発見したんでしょう。この技!!!

 

皆さんも是非お試し頂ければと思います。 😉

 

ちなみに、ブライアンセッツァーモデルは、ピックアップセレクターとトーンセレクターの位置が逆になっています。

何故??この辺はまたの機会に致しましょう。

 

(ナカザワ)

 

 

 

Category