新品なのにすでに幻のギター

FENDER FENDER CUSTOM SHOP Fender USA エレキギター
ジョージ・ハリスン・トリビュート・ローズウッド・テレキャスター

100本限定の生産でオリジナルはオリビア夫人のもとで管理されており、認定書にはジョージ・ハリソンの長男Dhani Harrisonのサインもが入り、ジョージ・ハリソンの名前を冠した正式なシグネイチャーモデルになります。

23b16edbbf18b0ee39f6e652912cf1bceb79e8

本器は1968年末、ロジャー・ロスマイズルとフィル・クビキによってジョージ・ハリソンに手渡されたオールローズウッド・テレキャスターAll Rosewood Telecasterのプロトタイプを完全再現したもの。
言わずもがな「Let It Beセッション」でよく知られているこちらのギターですが、マスタービルダーのポール・ウォーラーPaul Wallerが、このプロジェクトを牽引しており、ジョージ本人がプレイしたオリジナルを緻密に検証、細部までプロファイリングしております。

このモデルのために木目も考慮して特別に厳選された4ピースのローズウッドボディは、当時と同様に薄いメイプル板を挟み込んだもので、スカンクストライプのないラミネイト・ローズウッド指板や滑らかなネックシェイプなど、トリビュートモデルに相応しい素晴らしい逸品です。

ナット幅は従来のヴィンテージタイプより1/8インチ(約0.3mm)広くなっており、スパゲッティロゴのデカールや、ストリングスガイドの位置が6弦脇といったディテールも精巧にレプリカ。

c9bdcb36390d1a30b077933788ee05f12aedbf

史実に基づき、全体の仕上げは、クローゼットクラシック・フィニッシュによる軽めのエイジングに留められております。

e83c524ec175fc144a21d776d2ffe267039bce

2013年に現役を引退したフェンダーレジェンド、アビゲイル・イバラ女史が手がけたハンドワウンド・ピックアップによる美しく明瞭なトーンは格別です。

今回製作したセミホロウっぽく見えたので、ポール・ウォーラーに聞いてみました。

Q.日本では多くの人が、ジョージのオリジナルはプロトタイプだから、(後発品のようにセミホロウではなく)ソリッドボディだと信じていて、ここ数年それが通説になっているんだけど、本当はどうなの?

A.セミホロウだったよ。自分がこのプロジェクトのためにオリジナルを分解してチェックしたけど、実際にチェンバードだったよ。

はたして真相は、、まだまだ深まるオールローズテレ伝説です。

この記事を書いた人

DUKE工藤
渋谷店での6年間プロフェッサー岸本に師事し数々のレジェンダリーを経験。その後池袋店にてスターキー☆星に横浜店ではルーク居波と出会い連綿と2人にレジェンドを伝承する。 ただいま新宿店で新たなるギターマンの夢を追いかけている。 彼自身のフェイバリットミュージックはロック、カントリー、ブルースとサウンド面でもギターに精通。  「宝物探しのお手伝いを親切丁寧にいたしますので心より御来店お待ちしております。」(Duke工藤)

Category