【Washburn Nuno Models Diary Vol.18】 P

Washburn Washburn Nuno Models Diary Washburn Nuno Models Diary エレキギター
イシバシ楽器渋谷店Washburn担当 由利がお届けするNuno Models Diary。
今回は正直ほぼ市場で見かけなくなった1本が入荷しましたのでこちらに書かせていただこうと思います。
最後までお付き合いいただけますよう宜しくお願い致します。
今回のギターはコチラ

 


P3 Black
P4ではなくP3です。
何が違うの?と言われるとかなり違います。
まず外観上の一番の違いとしてボディーの厚みです。


P4は分厚いボディーに対しでP3はP4の約半分程の厚みとなっています。
その他指板にはエボニーではなくローズウッド、ポジションマークもティアドロップではなくドットタイプとなっています。


また塗装の上からでは分かりませんがボディー材も異なります。
P4はメイプルトップ、マホガニーバックですがP3はマホガニーボディーとなっています。
この事から仕様的にはP4がレスポールならP3はSGと言える違いを持っています。
あまり馴染みのないP3ですが実はTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉さんも過去に使用しています。
映像によっては確認出来るそうなのでファンの方にはもしかしたらピンときた方もいらっしゃるかもしれません。
ブリッジやテールピースも一般的なレスポールスタイルとなっています。


残念ながらトラスロッドカバーは欠品しております。
ある意味でP4以上に市場に出回らないモデルですので目にする機会がありましたら是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

それでは次回のWashburn Nuno Models Diaryをお楽しみに。
良いギターライフ、良いヌーノライフを。

 

渋谷店限定!ヌーノモデルの買取キャンペーン開催中!!

Washburnの最新在庫情報はこちらをご覧くださいませ!

この記事を書いた人

由利尚崇
イシバシ楽器渋谷店にて輸入ギターを担当。イシバシ楽器きってのWASHBURN通。Washburn N4シリーズの商品知識及び過去の販売本数はイシバシ楽器でもトップを誇り、N4にかけるアツイ情熱と執念は他の追随を決して許さない。自身でもN4を2本、P4を2本愛用、現在発売しているN4 AUTHENTIC、P4 REISSUEを始め多くのヌーノ・ベッテンコートモデルの企画発案者でもある。N4 担当者としての圧倒的な知識とユーザーの要求にとことん応える親身な接客は多くのユーザーから賞賛を浴びている。正にNothing But N4である!!

Category