NAMM SHOW 2020速報【EVH Striped Series Frankie,Wolfgang Specials他新製品を発表】

EVH NAMM SHOW 2020 エレキギター ギタリスト向け機材 ギターアンプ
NAMM SHOW 2020にて、EVHからStriped Series Frankie、5150III 50S 6L6 Head、5150III 50S 212ST Cabinet、EVH Wolfgang Specialsの新色が発表されました。

Striped Series Frankie


 

エディヴァンヘイレンの象徴であり、長きにわたり彼のサウンドを支え、リスペクトされてきたフランケンシュタインギター。
今回発表されたギターは、EVHの特徴的なストライプライン、レリック風の外観を備えた新しいFrankieです。

グラファイトで補強されたクォーターソーンメイプルネックにバスウッドボディ。ネック裏のオイル仕上げにより、何時間も快適にプレイできます。
また、22ジャンボフレットを備えたメイプル指板は、猛烈な勢いでプレイするために設計されました。

EddieのオリジナルのようにHSSピックアップ用にルーティングされたFrankieは、ダミーストラトネックピックアップとダミー5ウェイブレードが中央に配置されたWolfgangハムバッキングブリッジピックアップを備えています。

頑丈で信頼性の高いEVHブランドのFloydRoseロッキングトレムとFloyd Roseロッキングナットが連携して動作し、極端なピッチ変化があっても正確なチューニングを実現します。
EVH D-Tuna搭載。こちらはワンタッチで瞬時にドロップDに変えられるという画期的なアイテムです。

白いスカートのStratスタイルのノブにはトーンのラベルが付いていますが実際にはボリュームコントロールです。
他にはカスタムブラックピックガード、レリッククロームハードウェア、標準ストラップボタン、EVHネックプレートが搭載されています。

5150III 50S 6L6 Head、5150III 50S 212ST Cabinet




 



プリ管に6L6とパワー管に7つの12AX7チューブを備えた50ワットのヘッド「5150III 50S 6L6 HEAD」は、エディヴァンヘイレンのツアートーンをよりコンパクトかつ低電力のフォーマットで実現します。

3つのサウンドチャンネルがさまざまな演奏スタイルに対応します。
鮮明なクリーン、チャンキーなオーバードライブ、タイトなディストーション、焼け付くようなリード、新しく追加された独立したdual-concentric controlsによりゲインとボリュームレベルのマッチングが可能です。

Eddieのツーリングリクエストを満たすように調整されたこの50ワットのヘッドは、フルスペクトルのトーンを実現します。チャンネル1は、クリスタルクリアなクリーントーンを。チャンネル2は、持続性を高めるためにゲインを増加させ、中低域の周波数定義を改善するために再音声化されています。チャンネル3では、「低」コントロールの範囲が改善されました。
チャンネル1と2にはそれぞれ、共有EQ(低、中、高)を備えたゲイン/ボリュームコントロールがあります。チャンネル3には、独自のゲイン、ボリューム、EQコントロールがあります。



60ワット、16Ωのフロントロード2x12ストレートキャビネットは堅固なバーチ材で作られた「5150III 50S 212ST CABINET」は、12インチシグネチャーCelestion G12H Anniversary Seriesスピーカーを備えています。グリルクロスを備えた黒いビニールに包まれており、ティルトバック脚、取り外し可能なEVHポップアウトキャスター、およびヘッドマウントメカニズムが付属しています。また、EVHアクセサリとして、高品質のカバーが用意されています。

 

Wolfgang Special


エボニー指板の「Wolfgang Special」は3つの新しいメタリックカラーを発表。

 



Burgundy Mist Metallic



Ice Blue Metallic



Purple Metallic

 

いずれも日本への入荷未定、価格未定となっております。

お問い合わせはイシバシ楽器各店まで!!

Category