【徹底比較!】イシバシ楽器特選アコースティックギター入門モデル!  ドレッドノート vs フォークタイプ 、マホガニー vs ローズウッド etc

アコースティックギター 入門モデル
皆様、こんにちは~~~♪

ここ最近アコースティックギター(フォークギター)を始めるかたが多くなってきましたので、イシバシ楽器一押し特選入門モデルをご紹介しましょう!

入門モデルといっても、今や本当に多くのアコースティックギターが販売されていますので、なかなかどれを選んだらいいか迷うところですよね~~。

価格?見た目?ブランド?スペック?...皆様はどれを重視しますか??人それぞれ重要ポイントは違うと思いますので、今回はイシバシ楽器特選モデルとして、3モデルに絞ってご紹介いたします!

 

☆SX Guitars / SD304 NAT(ナチュラル) ¥11,290.~

⇒レギュラーサイズのアコースティックギターでは最もお安い価格帯!(ドレッドノートタイプ)

 

☆Selva / SD-1000S NAT(ナチュラル) ¥22,800.~

⇒Top単板、ローズウッドSide/Backのモデルとしては最もお安い価格帯!(ドレッドノートタイプ)

 

☆Selva / SF-1000S NAT(ナチュラル) ¥22,800.~

⇒Top単板、ローズウッドSide/Backのモデルとしては最もお安い価格帯!(フォークタイプ)

 

ここからは、上記3モデルを徹底比較!!

まずはサイズから~~!(※スマホで画像が小さい場合はピンチアウトしてください。)

 



 



 

SD304やSD-1000Sのようなドレッドノートタイプと、SF-1000Sのようなフォークタイプでは形だけでなく大きさも違っていることがお分かり頂けたかと思います。

ドレッドノートタイプは一般的にフォークギターを思い浮かべる代表的なもので、がっしりしていて、音量も充分で音の広がりも感じられるでしょう!

一方フォークタイプはボディにくびれがあって胴厚が若干薄くなっている分抱えやすく、フィンガーピッキング(指弾き)でよく使われます。ドレッドノートタイプと比べると音量は若干こじんまりとする傾向にありますが、レスポンスや繊細さに魅力があります。

 

つぎは、やっぱり木でできているので木材の種類も見ていきましょう!!(※スマホで画像が小さい場合はピンチアウトしてください。)



それでは最後に各々の特徴を見ていきましょう!(※スマホで画像が小さい場合はピンチアウトしてください。)



 



いかがでしたでしょうか~~♪

イシバシ楽器ではギター単品だけでなく、小物・アクセサリーを含めたセット商品も展開中です!

是非チェックしてみてください!

 

今回ご紹介した3モデルの単品&初心者セットのページはこちらから!





 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

納富 悦郎
1981年生まれ。元御茶ノ水本店Harvest Guitars副店長兼弊社Gibsonアコースティック担当。中学時代よりギターを始め、10代の頃はバンド、20代の頃はDTMでの作曲活動(CS放送のとある番組のエンディング曲も担当)、30代に入ってからは原点回帰でギターを楽しむ。 イシバシ楽器に入社してからはデジタル、スクール、ドラム、ギター、買取などを担当し、WEB SHOP在籍時より本格的にアコースティックギター担当となる。 Gibson/Martin/Taylor/Cole Clark/YAMAHAなどの主要ブランドのファクトリーツアーや現地買い付け、オーダーなどを経験。 フェイバリットミュージックは'90年代のビーイング系、アメリカンロック、ロックフュージョンなど。フェイバリットギタリストはRichie Kotzen。

Category