HUGHES&KETTNER フロアタイプのアンプヘッドSPIRIT AmpMan登場!

Hughes&Kettner ギタリスト向け機材 ギターアンプ 新製品情報
Hughes & Kettnerから、人気沸騰の「SPIRIT NANOシリーズ」をベースに、その2chフロアアンプ(ペダルアンプ)版として新たにリリースされるのが、このAmpMan(アンプマン)です。

Vintage+RocKの音色の「AmpMan CLASSIC」とVintage+Metalの音色の「AmpMan MODERN」の2機種をご紹介します!



◆Hughes & Kettner / AmpMan CLASSIC ヒュースアンドケトナー《予約注文/3月中旬以降発売予定》¥39,600-(税込)


AmpMan Classic:ビンテージクリーンからクラシックリードまで


◆Hughes & Kettner / AmpMan MODERN ヒュースアンドケトナー《予約注文/3月中旬以降発売予定》¥39,600-(税込)



AmpMan Modern:クリーンからコンテンポラリーメタルまで


 


SPIRIT NANO同様のコンパクトさとパワフルな出力

・手軽にBlack Spirit 200で実証済の真空管ライクなサウンドを楽しめる。

・最大出力50W(4Ω)は小さなライブハウスで使用するには十分な出力で、実際に一般家庭で鳴らす場合はボリュームを絞った状態で使用可能です。

SPIRIT NANOに比べて実用的な機能がプラス

・2ch仕様

SPIRIT NANOをベースに、CLASSIC=Vintage+RocK、MODERN=Vintage+Metalという組み合わせです。

クリーンchとリードchがあるアンプだと思っていただければわかりやすいかと思います。

 

・FX LOOP(センド・リターン)、DI/キャビネットエミュレーターのRED BOX AE+、ノイズゲート、ブースト

特にSPIRIT NANOにはついてなく要望も多かったFX LOOPが付いたことにより、アンプの歪を生かしてリバーブ、ディレイなどの空間系エフェクターが使えるようになります。

また、RED BOX AE+はBS200についているものと同じですが、DIであること、キャビネットタイプが選べることなど、より録音に向いている仕様となっており、DTMerに受けが良い製品となります。





《主な仕様》


■Power output : 25 W@ 8 ohms ( スピーカーキャビネットによって最大50 watts @ 4 ohms まで)

■Channels:2

■Controls:Gain, Tone, Presence, Resonance, Sagging, Volume knobs(各チャンネル)

■Boost:Footswitchable for each channel

■FX Loop:Serial, footswitchable

■Noise Gate:IDB (Intelligent Dual Breakpoint)

■Speaker Out : 4 - 16 ohms

■Red Box AE+:8 cabinet emulations,  balanced XLR port

■Aux In : Mini jack、3.5 mm stereo

■Phones Out : 3.5 mm stereo, adjustable

■SIZE : 250(W) x 52(H) x 153(D) mm

■Weight : 約 1.15kg


 

上記2商品とも2021年3月中旬以降の入荷予定です!
ご購入、お問い合わせは商品ページ又はお近くのイシバシ楽器店まで!!

◆分割金利ゼロキャンペーン実施中!!

 
◆こんな記事も読まれています

・初心者におすすめのマルチエフェクター10選!



 

・エレアコおすすめ10選 



 

・オトクに簡単にワイヤレス!LINE6/SPIDER V MKIIシリーズ



 

・YAMAHA パシフィカの上位機種 600シリーズのNewモデル!



 

Category