【2022年1月21日発売!】TECH21初の日本国内アーティストモデルとして、J(LUNA SEA)『BASS DRIVER DI-J』発表!

エフェクター ベース ベースアンプ 新製品情報
※2022年1月21日(金)全国一斉発売!

ベーシストなら一度は耳にしたことがある名器「TECH21 Sansamp BASS DRIVER DI」に

TECH21初の日本国内アーティストモデルとして、

J(LUNA SEA)シグネチャーモデル『BASS DRIVER DI-J』の発売が決定!


J(LUNA SEA)全面監修のもと、筐体上面全体にJのトレードマークとも言えるマリア像をデザイン。これまでにない、圧倒的なインパクトを実現。


ビンテージなチューブトーン、明るくモダンなスラップサウンドから攻撃的な歪みまで表現可能です。5弦、6弦ベースなどの低い音域をカバーするため、低音の周波数を調節するスイッチを搭載。また、ミッドレンジコントロールとその周波数を調整するためのスイッチも搭載。


Jの「これでサンズアンプは完成している。これで作れない音の質感は、アンプで作る、ベース本体で作る、自分の弾き方で作る。そういうことができる余白があるからこそ、サンズアンプっていいんだと思う。」との考えから、サウンド、性能は従来のBASS DRIVER DI V2からあえて変更を加えず、デザインだけを変更しました。さらに特典としてJのサインをプリントしたアクリルプレートが付属します。コレクション時の汚れ防止や、あなたのセッティングをメモするなど幅広い用途でご使用いただけます。


J Comment
J ってヤツのベース・サウンドのマスターピースと呼べる機材


「サンズアンプとの出会いは、アンプ・シミュレーターだって市場に登場したとき知ったんだ。今でこそアンプ・シミュレーターといえば、ベースやギターをやっている人ならピンと来るはずだけど、あの当時は“何それ!?”みたいな。そこから付き合いが始まったんだよ。でも俺の使い方は当時はちょっと変わっていたんだ。ベース本体でブーストさせるには回路的な限界があって、アンプで音をドライブさせる限界もあって、さらにドライブさせられるものがあったらいいなってサンズアンプを導入したから。だから、アンプ・シミュレーターというより、プリ・アンプっていう使い方をしていた。だからスイッチを踏んだり踏まなかったりという切り替えはしていなかった。ずっとサンズを掛けっぱだったからね(笑)。今回、シグネチュア・モデルを作るにあたって、中身の回路を変えませんか、という提案もされたんだよ。でも今までずっと使ってきて、自分の中ではこれでサンズアンプは完成しているっていう感覚なんだ。これで作れない音の質感は、アンプで作る、ベース本体で作る、自分の弾き方で作る。そういうことができる余白があるからこそ、サンズアンプっていいんだと思う。プレイヤーの弾き癖やフレーズのニュアンスも出る。俺はそこが好きなんだ。俺から言える使い方のコツはあまり無いんだけど、“感覚で”ということかな。もう少し丁寧に言うと、どんな音質のベースを使っているかによって引っ掛けなきゃいけないポイントも変わってくるし、どういう特性を持ったアンプを鳴らすかによっても、どの帯域をブーストさせるかも変わってくる。プレイヤー自身も、指弾きの人がいれば、ピック弾きの人もいる。ピッキングが強い人もいれば、繊細なピッキングの人もいる。自分のいいポイントを感覚的に探していくのがいいと思う。あとあらためてブレンドってツマミいいよね。掛けたくないとき、掛からないでくれる。掛かりすぎて自分の弾いているニュアンスが出ないとき、このブレンドを微妙にイジっていく。楽器単体、アンプ単体、それぞれの音色の関係性を感じながら、引き出しながらブレンドを効果的に使っていくのはある意味で深いよ。でもサンズアンプで、俺のシグネチュア・モデルが出来たなんて本当に光栄だね。マリアをデザインしているからね。見つけたら即試してみてよ。」

TECH21 Sansamp BASS DRIVER DI-J

※2022年1月21日(金)全国一斉発売!

税込販売価格:39,600円(税込)

◆商品ページへ

クレジット金利0(ゼロ)キャンペーンも実施中!!


◆こんな記事も読まれています

・Fenderから2本目となるJ(LUNA SEA)のシグネイチャーベースが発売!!



 

・初心者におすすめのマルチエフェクター10選!



 

・オトクに簡単にワイヤレス!LINE6/SPIDER V MKIIシリーズ



 

Category