~Maruszczyk Instruments~すごい杢目の奴らが日本上陸!!

Maruszczyk ベース
いつもご利用いただきありがとうございます!!
渋谷店ベース担当のタク・オカモトでございます!!
今回もポーランド発のベースブランドマルシュテックの新製品をご紹介してまいります!!

前回はブランド初の試みとなるマルチスケール(ファンドフレット)仕様のFrogをご紹介致しました!!

無題

こちら大変な反響・多くの方に気に入って頂いており、早くも複数店舗で実売が出ている状態です。渋谷店では左のBlue Burst及び右のRed Burst共に販売済み。ご購入誠にありがとうございます。ご希望ございましたらオーダーも承っております。

↓前回の記事はこちらから↓
『ついにファンドフレット仕様&新モデル上陸!!』Maruszczyk Instruments !!

そして、今回ご紹介するのはこちら!!

image2

大胆なシングルカットが特徴的な『SPUTNIK』スプートニックの6弦仕様!!
今回は6弦かつ、バックアイバールやジリコテといった希少材をふんだんに使用したプレミアムな製品が多数入荷してまいりましたよー!!!!

それではまず各個体の杢目を、見ていきましょう!!

Sputnik 6a-26 Natural Buckeye Burl 【S/N 160223】

※こちらのお品物は11月4~6日の間開催される楽器フェア2016への出品のため、期間中はイベント会場にてお試し頂けます。

sub_05-321662900-02233_l

今回入荷したバックバール3兄弟の内の1人、バールらしい渦のような杢と左右斜めに伸びる黒い文様が目を惹く一本です。最大の特徴は3.84kgという軽さ。3兄弟の中でも一番軽量で多弦ユーザーの悩みの一つである『重量』というポイントは間違いなくクリアしてくれるでしょう。あえて例えるならば末っ子というかんじでしょうか笑

Sputnik 6a-26 Natural Buckeye Burl 【S/N 160222】
sub_05-321662900-02223_l
バックアイバールらしい?というと変かもしれませんが、上下の黒と中心の白の箇所のコントラストが美しい一本。コントロール付近の動きがある杢が迫力があって個人的に好みです。こちらも4.15kgと末っ子ほどではありませんが、十分に軽く仕上がっています。2番目のお兄ちゃんでしょうか。

Sputnik 6a-26 Natural Buckeye Burl 【S/N 160224】
sub_05-321662900-02243_l
はい、これは長男ですね!!ほかの2本と比べ白い部分が褐色がかっており、アダルトな雰囲気を醸し出している一本。下部の濃い黒の杢から完全に玄人の雰囲気を感じられます。低音側カッタウェイの先にもさりげなく黒があり、まさに出来る男という感じでしょうか。重量は4.17kgこちらも文句なしに軽いです。

さあ、バックアイバール3兄弟をご紹介いたしましたが、
お次もバール材を使用した一本。

Sputnik 6a-26 Natural Maple Burl 【S/N 160227】
sub_05-321662900-02273_l
日本では楓と呼ばれるメイプル。こちらはメイプルバールを使用した一本です。遠目で確認できるコントラストが出る材ではございませんが、近づいてみるとはっきりとバールらしい杢を堪能できるよい杢ですね。綺麗な薔薇には棘がある。意外と気の強い従妹の姉ちゃんといったところでしょうか。重量は4.02kg、軽い。

Sputnik 6a-26 Natural Ziricote 【S/N 160225】
sub_05-321662900-02253_l
くゥーいっけメーン!!
硬質な特性があり、ベースのTOP材やアコギのBACK材としても使用されるZiricote(ジリコテ)。黒々とした杢が特徴的で指板のエボニーやブラックパーツとシックにマッチした一本です。都会に住んでる知り合いのイケてるお兄ちゃん感があります。重量は4.13kg

いかがだったでしょうか?
各個体の表情があっていいですねー!お気に入りの個体はございましたか??

さてさて、お次は機能的なお話です。

今回入荷分は共通してAguilar DCB-D4 ピックアップを搭載。プリアンプもAguilar OBP-3TK となっております。

ミッドレンジにしっかりとした押し出し感がありつつも十分なレンジがあり、単音弾きからコードプレイまで、プレイヤーが弾きやすい音質となっているように感じます。

またスイッチはOn,Off/アクティブパッシブ切り替え/ミッドレンジ調整。ノブは順にVolume ,Pan, bass, middle, treble/passive tone blendとなっております。

ハードウェアには定評のあるヒップショット製チューナー及びETS製ブリッジを使用。細かな部品までこだわってセレクトされています。

そして今回ご紹介したいのはこれ、「フィンガーランプ」です。

image8
(ピックアップの間にある黒の長方形です。)

多弦ベースをお使いの方は、テクニカルなプレイを行う場面が多いのでは?
そんな時にこのランプがあれば必要以上に指が差し込まれることなく、安定したプレイができるのです。

使わないという方もご安心を。

image9

出荷時はこのように固定していない状態ですので、お好みで取り外し可能です。

いかがだったでしょうか?
全体的に6弦ながらもスタイリッシュなデザインとなっている点や驚異の軽量性はこれまで多弦ベースに遠慮していた方々にも、十分にお試しいただく価値があると考えております。

ぜひとも石橋楽器各店にてお試しくださいませ!!
渋谷店のマルシュテック製品在庫一覧はこちらから!
↑↑次回はさらに強烈なやつらをご紹介予定です。気になる人は上の一覧をチェック↑↑

それでは!!

この記事を書いた人

岡本 卓也
渋谷店でアコースティック・ベースを担当した後、現在名古屋栄店に勤務。プライベートではエレキギターも演奏。ギター・ベースとなんでもご相談させていただきます。ご来店・心よりお待ちしております。