【エフェクター通信.4】ヴィンテージエフェクターをご紹介!!

VOX エフェクター ヴィンテージ
いつもイシバシ楽器店のご利用誠にありがとうございます。
新宿店サブマネージャーの在原です。

前回の記事はいかがだったでしょうか!?少しでもヴィンテージペダルに興味を持っていただけると幸いです。

ちなみにヴィンテージエフェクターの紹介第一弾はこちらから!!
【エフェクター通信.2】はこちらから

【エフェクター通信.3】はこちらから

ということで本日は、新宿店が保有しているヴィンテージの中から究極とも言えるワウペダルをご紹介します!!
※今回ご紹介するペダルも記事を書いている間にありがたいことにSOLDとなってしまいました。。
ご紹介のみとなりますので予めご了承の程、よろしくお願いいたします。


それではいってみましょう!!


VOX Clyde McCoy Wah-Wah Pedal Signature

これほどまで状態の良い個体を今まで見たことがありますでしょうか。。
通称 Signature と言われるClydeMcCoy氏の名前だけ記載された時期のモデルです。総合的に判断して68年製だと思われます。49年前の個体とは思えないほど状態が良く、箱・取説が付属するまさにコレクターピースでございます。

それでは本機を見ていきましょう。

 

HALOインダクターにMullard tropicalfish、イタリアDUCATI製キャパシター、そして一番の特徴であるドーム型の独特な形状をしたSGS IW 9801と9802トランジスタを搭載しています。
このSGS IW 9801と9802トランジスタはワウペダルの原型(今日における様々なモデルの基本)とも言われる1967年製の通称Picture Wah(裏蓋にClydeMcCoy の絵が描かれている)のみに搭載されていた貴重なトランジスタです。そのPicture Wahとパーツ構成が一緒の本機は、限りなく1967年製(Picture Wah)に近いワウペダルと想像ができます。通常1968年からはトランジスタがBC109に変更されていますのでほんの極僅かの期間しかこのスペックで作られていません。

なんとなく希少な感じが伝わってきましたでしょうかw
ヴィンテージペダルの中でも比較的、個体差があるとされるワウペダルですが本機は、非常に明るいながらもミッドに重きをおいたサウンドとなっています。なによりこのペダルでしか味わえない噛み付きの良さがたまりません。壊れやすいワウペダルにおいてまだまだ第一線で活躍できるこのようなペダルは少なくなってきています。

いかがだったでしょうか!?

このように新宿店では貴重なヴィンテージペダルが続々入荷しています。
新宿店ヴィンテージ在庫はこちらからご覧ください

ここでは紹介できないペダルも多々ございますので気になった方は是非イシバシ楽器新宿店へお越しくださいませ。
専門スタッフがしっかりサポートさせていただきます。 皆様のご来店、心よりお待ち致しております。

この記事を書いた人

在原 央顕
スターキー星に師事。国内最高レベルのノウハウを持ったスタッフとして米国ギブソン・ファクトリーを定期的に訪問し、木材選定やカスタムオーダー、買付け等を行っている。その他にもJames TylerやSuhrなどのハイエンドギターにも精通している。フェイバリットミュージックは60~70年代ブルース・ブルースロック。特にB.B.キングやフレディ・キングを愛聴。数ある製品の中から皆様が相棒として相応しい、最高の1本を探すお手伝いをさせて頂きます。