禁断&最強セット!?FRACTAL AUDIO SYSTEMS FX8 Mark II&KEMPER Profilerセット解説!第一弾!

Fractal Audio Systems Kemper エフェクター ギタリスト向け機材 ギターアンプ ベースアンプ 特集
いつも石橋楽器店をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
新宿店2Fアンプ・エフェクターフロア担当:久保です。

いきなりですが、新宿店では現在下記の禁断&最強セットを販売しております。
まずはこちらをご覧ください。


FRACTAL AUDIO SYSTEMS & KEMPER / FX8 Mark II & PROFILER POWER HEAD


何と心躍るセットでしょうか!
今ギタリストのみならずベーシストの間でも凄い勢いで浸透してきているFRACTAL AUDIO SYSTEMSとKEMPERの夢のようなセットを新宿店では組んでみました!新宿店オリジナルにして、史上初のセットではないでしょうか。

FRACTAL AUDIO SYSTEMSはなぜアンプモデルが入っているAX8やフラッグシップのAxe-Fx II XL+ではないのか?等疑問もあると思いますが、順に解説していきたいと思います。

まずはこの2つのシンプルなシステムながら最強のシステムを操作するにあたり、一番重要な4 Cable Methodを今回ご紹介したいと思います。
早速ではございますが、ご紹介してまいりましょう!


4 Cable Methodとは


4 Cable Methodとは名前の通り4本のシールドケーブルを用い、システムを構築することを指します。
具体的には、

ギターFX8 IN【PRE】、FX8 OUT【PRE】アンプInput、アンプSendFX8 IN【POST】、FX8 OUT【POST】アンプRetern

といった流れです。(がシールドだとお考え下さい。)



これにより何が出来るのかというと、FX8内部のエフェクターをアンプのインプット前かセンドリターン内かを好きに設定が出来るようになります。
例えば同じドライブペダルでもアンプのインプット手前に設置するのと、センドリターン内に設置するのでは効果が異なるのはギタリストの方は体感したことがある方が多いかと思います。
アンプのインプット手前では基本はゲインが上がり、センドリターン内だと音量が上がるような感覚です。
それと同じような効果を煩雑なシールドの挿し変え無しに、FX8内蔵のエフェクトで生み出せるわけですね。

それでは実践していきましょう。


FX8側の4 Cable Methodの設定


まず起動したらこの画面が出てまいります。

48826 B

この画面は現在のプリセットに何のエフェクトが設置されているかを表しております。
具体的にはフットスイッチ1-8の順番で、

PHASER、FLANGER、TREMOLO、DRIVE

WAH、COMPRESSOR、DRIVE、DRIVE

といった具合です。
それぞれのフットスイッチでオンオフが可能な他、長押しする事によりX,Yのパラメーターを変更することも可能です。

4 Cable Methodに話を戻しますと、画面上部に記載してある8/0という部分に注目してください。
これが現在のプリセットのエフェクターが4 Cable Methodでどのような配置になっているかを表します。
/の左側の数字がプリ側、アンプのインプット手前に設置されているブロック数、右側の数字がポスト側、アンプのセンドリターン内に設置されているブロック数を表しております。

このプリセットの場合は全てのエフェクトがアンプのインプット手前に設置されているという具合です。

この画面からPAGEボタンを押すと、そのプリセット内のプリ、ポストの設定が可能です。
こちらの画面です。

37248 B

この画面でVALUEボタンを回すと・・・

37921 B

PRE/POSTの数字が変わりました。
4/4はプリ側に4つ、ポスト側に4つ配置されていることを表し、このプリセット上では、

52347 B

フットスイッチ上部の5-8にアサインされている
WAH、COMPRESSOR、DRIVE、DRIVEがポスト側に、

フットスイッチ下部の1-4にアサインされている
PHASER、FLANGER、TREMOLO、DRIVEがプリ側に設置されているのを表します。

もちろんプリ側に設置せず、全てポスト側、という配置も可能です。

37524 B

また、接続順に関してはシリーズ(直列)のみならず、パラレル(並列)接続も内部で処理出来るようになっております。

38595 B

このような1,2だけを並列にしたり、

39478 B

1,2,3,4を並列にし、7,8も更に並列にしたり等、内部の処理だけで多彩なサウンドメイクが可能なのが見て分かりますね。

如何でしたでしょうか。
今回はFRACTAL AUDIO SYSTEMS FX8に搭載されている機能、4CMのご紹介でした。
実際Axe-Fxと同じ機能も使用できたりしますので、お持ちの方で使用方法でお悩みの方がいらっしゃいましたら下記のリンクも是非ご参照下さいませ。



FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx徹底解説ブログはこちらから!!


今回も最後までご覧になって頂きまして、誠にありがとうございました。
次回はFX8でKemper Profilerを操作する模様をご紹介したいと思います。

次回もお楽しみに!

この記事を書いた人

久保 晃一
新宿店4Fハイエンドフロア担当。エフェクター担当を数年勤め、現在はハイエンドギター、アンプ、エフェクター担当となる。 特にFRACTAL AUDIO SYSTEMS、KEMPERに造詣が深く、ギターではSuhrやJames tyler、Tom Anderson等ハイエンドコンポーネントギターの他、Paul Reed Smithやアンプ等にも精通している。現在はハイエンドフロア担当として、師にも恵まれ日々精進中。 皆様の愛機を探すお手伝いを懇切丁寧にさせて頂きます、是非一度ご来店下さいませ。

Category