Gibson Country Westernがイシバシ楽器エクスクルーシブモデルとして誕生!

Gibson 2016 新製品 Gibson Montana Acoustic アコースティックギター
Gibsonのアコースティックギターというと、大抵サンバーストカラーを思い浮かべることが多いですよね♪

それもそのはず!Gibsonのサンバーストーカラーの塗布技術はやはり他メーカーの追従を許さないものがあるからです。

やはりGibsonアコースティックのサンバーストカラーは本当にかっこいいですよね~♪

 

しかし・・・

 

意外と、ミュージシャン・ギタリストのかたでナチュラルカラーのGibsonアコースティックギターを見かけることが多くありませんか??

ナチュラルカラーというとやはり老舗”Martin”ギターというイメージがありますが、Gibsonも負けてはいません!!

今回ご紹介するのは、イシバシ楽器店がオーダーしたエクスクルーシブモデル「Country Western」です。

このGibsonアコースティックのCountry Westernというと、やはり思い浮かべるのがシェリル・クロウですよね~~♪

そもそもこのCountry Westernってどんなモデルなの?と思うかたもいらっしゃるかもしれませんが、もともとSouthern Jumboのナチュラルカラーバージョンとして知られていました。

J-50が、J-45のナチュラルバージョンとして知られているのと同じような印象です。

左がCountry Westernで、右がSouthern Jumboです。

cw1 cw2

 

ただ・・・

どう見ても、似ても似つかないですよね・・・(汗)

そもそもSouthern JumboはJ-45の上位モデルとして知られています。

NECKバインディングや指板のパラレログラムインレイ、ヘッドのクラウンインレイなど装飾系がJ-45よりも豪華になっています。

1943年に誕生したそのSouthern JumboもJ-45同様、年代と共にいろいろと仕様変更が行われていきます。

1954年にナチュラルカラーがオプションとして扱われるようになり、1955年後期にはナチュラルカラーがCountry Western Jumboというネーミングになり、

1960年にはSJNというネーミングに変わり、1962年にはSJN Country Westernというネーミングになります。

1961年にブリッジサドルがアジャスタブルブリッジになり、1962年後期にはBODYがラウンドショルダーからスクエアショルダーに変化します。

さらにはピックガードも3ポインテッドの、所謂ハミングバードと同形状のピックガードに変わります。

ここまできたら上記の画像も納得ですよね♪

 

今回イシバシ楽器がオーダーしたエクスクルーシブモデル「Country Western」は、

スクエアショルダー、アジャスタブルブリッジ、3ポインテッドピックガード仕様です。

cw4 cw5 cw6

とにかくきれいなマホガニーSIDE/BACK、黄色身を帯びたバインディングもアンティークな雰囲気を醸し出しております。

やはりスクエアショルダーとラウンドショルダーのサウンドは決定的に違いますね♪

コンプレッションがかった、腰の強いがつんとしたサウンドのラウンドショルダーに対し、優しく広がりのある倍音豊かなスクエアショルダー・・・

タイプの違うサウンドは、やっぱり「2本持ち」をおススメします!笑

是非この2本をチェックしてみてください!!

【新品/限定】 Gibson Country Western AN (Antique Natural) 【Monthly Limited/正規輸入品】


cw3

 

 

【新品/限定】 Gibson Southern Jumbo Modern Classic VS (Vintage Sunburst)  【正規輸入品】


sj1

Category