【新製品】YAMAHA オールマホのアコースティックギターがFG/FSシリーズに新登場!

YAMAHA アコースティックギター
日本が世界に誇る楽器メーカー「YAMAHA」

国産初の量産アコースティックギターを発表したのが今から「60年前」のこと。

今では中国にも自社工場を構え、世界中にYAMAHAギターが出荷され、多くのかたから愛されています♪

FGシリーズ誕生60周年記念にあたる今年、YAMAHAアコースティックギターのエントリーモデルで大人気のFG/FSがモデルチェンジいたしました!

その中でも一際注目を浴びているのが、YAMAHAギターでは珍しい「オールマホ(All Mahogany)」BODYのモデル850。

1

左がFS850 NT(フォークタイプ)で、右がFG850 NT(トラッドウェスタンタイプ)です。

ご覧下さい!きれいな天然のマホガニーの木目が渋いです!!

さらにBODYバインディングにもマホガニーが使用されています!

画像 008 画像 009

指板のバインディングは、白・黒になっており、お洒落さが増しています♪

画像 007

画像ではご覧いただけませんが、TOPブレーシングが今までのFG/FSシリーズのノンスキャロップド・Xブレーシングから、”スキャロップド・Xブレーシング”になっているのも特筆すべき点です!

これにより単板BODY TOPの振動が伝わりやすく、レスポンス良く軽やかに鳴ってくれます!

また今年リニューアルされたFG/FSシリーズは、BODYの胴厚差が以前より顕著になっています。

2

左がくびれの深い薄胴のFS850 NTで、右ががっしりとしたFG850 NTです。

スケールも634mm(FS850)と650mm(FG850)といった差があります。

実際弾いてみた感じたサウンドの違いは。。。

FS850 NT・・・まとまったサウンドで、一点集中型の音域が魅力的。フィンガーピッキングにピッタリで、ついついブルースを弾きたくなります♪

FG850 NT・・・広がりのあるサウンドで、やや暴れたラウドなサウンドが魅力的。とにかくストロークで掻き鳴らしたくなります♪

 

これはもう一押しです!!

FG850 NT

画像 002
buy_now

 

 

FS850 NT

画像 013
buy_now

 

Category