初心者におすすめ! ジャズギター 10選

Epiphone Gibson Ibanez エレキギター ジプシースウィング ジャズ ジャンゴラインハルト 特集

初心者におすすめ! ジャズギター 10選


今、ジャズギターの人気が高まっています。
趣味の時間もニューノーマルに移行しつつあり、オンラインでのジャズギターレッスンなど、ご自宅でジャズを楽しむ方が老若男女を問わず増えているようです。
Rockでギターを始めたけれど、Jazzの魅力にハマった!という方も多く、YouTubeなどの動画投稿サイトでもジャズギターの奏法系投稿をよく見かけます。

そこで今回は、ジャズ初心者向けのおすすめジャズギター10選を、ジャズギターの歴史や名盤とともにご紹介していきます!



なぜジャズと言えば「箱モノ」なのか?

フルアコとセミアコはどう違う?

高いギターしか選択肢がないのでは・・・

などの疑問をお持ちの方は必見です!

目次

※目次からジャンプできますのでお好きなところからお読み下さい

 

1.ジャズとは


1900年代初め頃にアメリカで生まれたジャズは、演奏の中にブルーノートスケールやインプロヴィゼーション(即興演奏)などの要素を含んでいることが特徴とされています。
中でも演奏家たちが特に重きを置いているのは、インプロヴィゼーションでしょう。アドリブとも呼ばれます。(ちなみにインプロヴィゼーションは英語でアドリブはラテン語)

ジャズの譜面はメインテーマとコード進行のみ。
決められたコード進行のなかでミュージシャンの個性が光るのがインプロヴィゼーションなのですが、そのフレーズは譜面に書かれたものではなくミュージシャンの頭の中から楽器や歌声を通して瞬時に表現されたもの。
ヴォーカルのスキャットやドラム、ベースなど「リズム隊」との掛け合い(コールアンドレスポンス)なども事前の打ち合わせ無しに巻き起こり、ライブでは熱い盛り上がりを見せます。

まさに自由の国で生まれた自由な音楽という感じがしますね。
そんな自由に見える演奏を支えているのは実はしっかりとした基礎であり、リズム感や楽典知識、演奏テクニックなど日々の鍛錬の賜物と言えます。

 

2.ジャズギターの名手


ジャズが生まれてから現在に至るまで多くのジャズギター名手達が名を連ねます。
語りだすと長くなってしまうので今回は7人(になんとか抑えて)簡単にご紹介致します!

 

◆チャーリー・クリスチャン(Charlie Christian)



ジャズギターの元祖であり「ビバップ」の先駆けと言われています(パーカーのほうのチャーリーもビバップの立役者ですね)。 後程説明する「なぜジャズギターといえば箱モノなのか」という疑問にも大きく関わる人物です。
当時発売されたばかりのGibson社初の電気ギターES-150とアンプを携えて、それまで伴奏楽器だったギターをソロ演奏で聞かせる花形ポジションに押し上げました。



 

◆ウェス・モンゴメリー(Wes Montgomery)


チャーリー・クリスチャンに影響を受け、ウェスが6弦ギターを弾き始めたのは20歳の頃でした。
若干遅いスタートにも思えるのですが、ほどなくして彼はスターとなり、のちにジャズギター界の巨匠となるのです。



 

◆ジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt)



フランスが生んだ最も偉大なジャズミュージシャン、ジプシー・スウィングの創始者です。先述のチャーリーよりも早い時期からギターでソロを弾いていましたが、ジャンゴがアメリカでの人気を確立するのは1940年代中期のことでした。
やけどで指に後遺症を負ってしまいますが、独特の奏法を確立しギタリストとして成功を収め、作曲者としても偉大な功績を残します。




 

◆ジョー・パス(Joe Pass)



1929年生まれ、アメリカのジャズギタリスト。我流ながら超絶技巧で後進に多大な影響を与えました。

オスカー・ピーターソンやエラ・フィッツジェラルドといった大御所との録音も多い彼ですが、こちらはサラ・ヴォーンの「枯葉」です。
定番中の定番、ジャズといえばまずこれを練習するという人も多いスタンダードナンバーですが、サラのスキャットが凄すぎて、アルバムを購入した人から「枯葉が入ってないんですけど?」という問い合わせが発生したほど。
そんな名演を支えるギターはソロ・バッキングともに必聴です!!



 

◆ジム・ホール(Jim Hall



1930年生まれ、アメリカのジャズギタリスト。静かで美しく流麗なコード進行が彼の特徴です。ソニー・ロリンズ、アート・ファーマー、ビル・エヴァンスなど著名なミュージシャンと長年共演しており、多くのミュージシャンに影響を与えました。



 

◆ラリー・カールトン (Larry Carlton)



1948年生まれ、Mr.335のニックネームを持つギタリスト。
先述のウェス・モンゴメリー、ジョー・パスといったミュージシャンに影響を受けジャズを始めます。(一時期ジョー・パスに師事していた事もあり、「リメンバリング J.P. (ジョーパスへ捧ぐ)」という曲もリリースしています)
Gibson/ES-335の愛用で知られており、「Mr.335」というニックネームにも由来します。彼の名を一躍有名にした名盤『LARRY CARLTON (夜の彷徨)』に収録されている「Room 335」をとにかく聴いてみて下さい。



◆パット・メセニー (Pat Metheny)



引用:IBANEZ

1954年生まれ、アメリカ人ジャズ・ギタリストでパット・メセニー・グループのリーダー。グラミー賞など数々の受賞歴もあり、現代音楽における重要な存在です。
ジャズのみならず、フュージョンやラテンなどジャンルを超えて活躍されているのですが、10代の頃にウェス・モンゴメリーに憧れて小型のフルアコを手にしたのが彼のキャリアの始まりと言われています。
現在はIBANEZから彼のシグネチャーモデル「PM200」が発売されています。



 

ジャズギターのレジェンドたちの演奏に触れると、ジャズとはけして難解なものではなくシンプルに「かっこいい!」と思えるギタープレイが多いことがお分かり頂けるかと思います。

 

3.なぜジャズには箱モノなのか




上記でレジェンドたちが手にしているギターは全て「箱モノ」と呼ばれるギターです。「箱モノ」は「フルアコ」と「セミアコ」の2種類からなります。
ロックギターで主に使用されるストラトやテレキャスターなどは「ソリッドボディ」といい木材が詰まっていてボディ内部に空洞はありませんが、箱モノは中に空洞がある為そう呼ばれています。

なぜジャズと言えば箱モノなのか、そこにはジャズギターの歴史も関係しています。

ジャズが誕生した頃はソリッドギターはまだ無く、もちろんロックというジャンルもありません。
ギターはピックアップのないアコースティックギターで、アンサンブルでは音量的に埋もれてしまい、現在のようなリード楽器ではなく伴奏楽器、いわゆる脇役だったのです。

なんとか大音量で演奏し、アンサンブルの主役になりたい!そんなギタリスト達の想いが募ってゆくなか、
1930年代にピックアップマイクを搭載したアーチトップギター、GIBSON/ES-150を携えたギタリスト チャーリー・クリスチャンが登場します。



音量の増幅ができるギターでソロ演奏を聞かせる事が可能になり、それまで花形だった管楽器(ホーン)と同等の地位を得ることになるのです。
これがのちに「フルアコ」と呼ばれるピックアップ付きアーチトップギターの始まりでした。

一方、セミアコの歴史は1958年、ソリッドボディとホロウボディの両方の個性を併せ持つ全く新しいギター「Gibson/ES-335」の登場で始まります。


ホロウボディ特有のエアー感、コードの美しさ、ピッキングニュアンスの豊かさを残しながら、ソリッドギター特有の立ち上がりの鋭さとサスティンの長さ、またハウリングへの強さが加わり、ボディが薄くて弾きやすいことからたちまち評判になりました。チャック・ベリー、エリック・クラプトン、ラリー・カールトンなど多くのギタリストにも愛用されており、ロック/ブルーズ/ジャズのプレイヤーを中心として長年にわたり支持されています。

ボディが空洞があることで得られる空気感、優しくリラックスできるような音質は箱モノならではの特徴であり、ジャズのアンサンブルとマッチします。
ジャズギターの始まりがフルアコであった事、独特のボディ形状から奏でられる音質がマッチングしている事、このような背景からジャズギターでは箱モノが長く支持されているのです。

(もちろんソリッドボディのギターでも数多く演奏されています!が基本はまず箱モノから、という方が多いです)

 

4.フルアコとセミアコの違い/メリット・デメリット


◆フルアコとセミアコの違い

構造の違い

フルアコ―スティック:全て空洞(ホロウボディ)、ブランコテールピース

 

セミアコースティック:ボディの中心部にソリッド部分あり(セミホロウボディ)、ストップテールピース

 

フルアコ/セミアコと呼ばれるのは日本国内だけで、世界的にはどちらもボディトップがアーチを描いていることから「アーチトップ」と総称されています。

いずれもストラトやテレキャスターなどのソリッドボディとは違った「空気感」のあるサウンドが特徴です。

全て空洞のフルアコに対し、セミアコはボディの真ん中にセンターブロックと呼ばれる木製のブロックが配置されています。これによりフルアコの弱点であるハウリングを克服します。



セミアコは「ソリッドとフルアコの中間」というイメージがありますが、センターブロックが大きいものはソリッド寄り、小さなものはフルアコ寄り、というように内部構造によりサウンドキャラクターが変化します。

 

また、ブリッジに関しても違いが見られます。セミアコはエレキと同様のストップテールピースですが、フルアコはほとんどがブランコテールピースとなります。

セミアコはセンターブロックがあるのでボディにテールピースを打ち込む事が可能ですが、フルアコは中が空洞なのでボディにテールピースを打ち込むことはできません



↑ボディの厚さもセミアコのほうが薄くフルアコが厚い事がわかりますね↑

 

音質の違い

・フルアコ:アタック強めでサスティーン短め


・セミアコ:アタック柔らかめでサスティーンはフルアコより長め


サウンドはアンプやリバーブのかけ方などでも変わりますので上記動画はご参考までに。

どちらが良いという事はないので迷っている方は次でご紹介するメリット/デメリットもご参考下さい。

 

◆フルアコのメリット/デメリット

フルアコのメリットは何といっても独特のエアー感ある音質です。アルペジオはもちろんのこと、コードを4つ切りで弾く時などもフルアコならではのあたたかみある音質を感じられます。

デメリットは音量を上げすぎるとハウリングが起こること。共鳴部が大きく豊かな鳴りがあるが故の弱点です。

ハウリングとはスピーカーとマイクの位置が近すぎた場合にキーン!!と鳴るあの現象です。(音量や、スピーカーの位置などでコントロールが可能です)

また、ボディが大きめなので、演奏する人の体格によっては弾きにくさを感じることもあるでしょう。

 

◆セミアコのメリット/デメリット

セミアコのメリットはフルアコに比べて音量を上げてもハウリングを起こしにくいので、ジャズのみならずブルースやファンクなど、多岐にわたるジャンルで活躍できる事。フルアコに比べるとボディも薄く弾きやすい形状です。

ストラトなどソリッドボディを持つギタリストの2本目として選ばれることもしばしば。

大きな弱点は特に無いと思いますが、立奏時はヘッド落ちしやすいので購入前にストラップをかけて立奏時のバランスを実感してみると良いでしょう。

とにかくオールマイティーに活躍するので、ジャンルに関わらず支持されています。フルアコに比べ商品の選択肢も多いです。

 

それではフルアコとセミアコ、どちらがジャズギターとして向いているのでしょうか。

ジャズだけをメインに演奏されるならフルアコがおすすめ。ジャズ創生期のような古き良きジャズギターのトーンを出したい!というかたにもおすすめです!

ジャズだけでなくブルースやR&Bなども視野に入れているならセミアコがおすすめです。

とりあえず箱モノに興味がある!という方には最初に弾きやすいセミアコを購入し、もっと本格的にジャズのトーンを出したい!となればフルアコを購入、というパターンが良いと思います。

価格帯はセミアコ:3万円台から、フルアコ:5万円台くらいからとなっています。

 

それでは最後におすすめのジャズギター10選をご紹介します!

 

5.ジャズギター おすすめ10選


箱モノってお高いのでは?と敷居が高くなりがちですが、そんなことはありません!!

ジャズ初心者の方が手を伸ばしやすい、お求めやすい価格のフルアコ/セミアコを中心にご紹介します!(※販売価格は変動する場合がございますのでご了承ください)

 

◆フルアコ
Ibanez / Artcore Series AG75 ¥59,400-



ホロウボディのギターをもっと身近に!というコンセプトのアイバニーズ アートコアシリーズ。フルアコらしい温かみあるトーンを備えつつ、レスポンスの良さも感じられるサウンドが特徴です。
やや薄く握りやすいネック・グリップと抱えやすい小型ボディで弾きやすさを実現しています。

 
Ibanez/Artstar Series AFV105 ¥115,500-



George BensonやJohn Scofield、Pat Methenyら数々のミュージシャンとともに築き上げたジャズ・ギターづくりのノウハウを受け継ぎ、Ibanezジャズ・ギターの新しい1ページを記すべく生まれたIbanez ARTSTAR(アートスター)シリーズ。
あえて塗装を薄くマット仕上げとした、レゾナント・フィニッシュを採用し、”箱鳴り“感と木の質感を体感できます。

 
Epiphone /Emperor Swingster ¥76,450-



ジャズのみならずブルース、ロカビリー、カントリー、ロックなど、幅広いジャンルで活躍できるモデルです。
5プライのメイプル・ホローボディ、SlimTaperマホガニーNeck、ブロックインレイを纏った指板、マザーオブパールのepiphoneロゴ&ツリーオブライフインレイを纏ったヘッドストックが特徴的。
特にロカビリーやカントリーでの人気が高いモデルです。

 
VOX / Giulietta VGA-3D ¥79,800-~



伝統的なフルアコスタイルのボディに「AREOS-D」モデリング・システムを搭載!エレキギター、アコギ、シンセのサウンドを演奏可能です。ボディ厚は342mm(13.5インチ)とコンパクト。持ち運びに便利で演奏しやすい形状ながら、あらゆる表現に対応します。

◆中古のフルアコ在庫一覧はこちら!

 

◆セミアコ
Epiphone / ES-335 ¥59,400-



エピフォンはギブソンの兄弟分イメージが強いですが、その歴史は古くプロミュージシャンの愛用者も多い老舗ブランドです。
こちらはセミアコの代名詞であるGibson/ES-335のエピフォンバージョン。2020モデルです!

 
Epiphone / ES-339 ¥51,700-



ES-335を一回り小さくしたES339は、取り回しの利くサイズでサウンドもよりソリッドに近くなり、ジャズはもちろん、幅広いジャンルでお使い頂けます。
こちらもリーズナブルなエピフォンモデルです。(本家ギブソンが気になる方はコチラから)

Epiphone / Uptown Kat ES ¥62,480-



エピフォンの次世代のESスタイルとして登場したアーチトップモデル。ピックアップにはミニハムバッカーを2基搭載。豊かなサステインと滑らかなアタック感をより高いレベルで体感できます。
5ピースのメイプル/ポプラ材を使用したボディに、マホガニーネック、エボニー指板仕様で低価格ながらもハイスペックな今までに無いエピフォンオリジナルのセミアコモデルとなっております。

Epiphone / Sheraton II Pro ¥66,990-


豪華なルックス、コイルタップ可能で、エピフォンのラインナップの中でもジョン・リー・フッカーやノエル・ギャラガーの愛器として高い人気を誇るモデル。ダブルカッタウェイ・シンライン・セミホロウボディが特徴。マルチプライのボディバインディングや、ヘッドストック・ポジションマーカーのオリジナルインレイ、ゴールドハードウェアなど、豪華絢爛な装いが魅力。ギブソンでいうところの、ES-345やES-355のようなデラックスバージョンとしての位置付けです。


Ibanez/Artcore  AM93 ¥79,200-



アートコアのアップグレードシリーズ、「Artcore Expressionist」、ASよりもやや小振りで抱えやすいサイズのAMシェイプとなります。
音の立ち上りに優れるエボニー指板を採用し、70年代後半からプロの定評を集めてきたSuper'58ピックアップのウォームなトーンとレスポンスの良さが心地よいモデルです。

 
Gibson/ES-335 ¥308,000-



他を寄せ付けない金字塔を打ち建ててきた不朽の傑作。価格は30万円前後からと上がりますが、やはり本家ギブソンのES-335は外せません!
1958年にセミアコの歴史が始まってからここまで長くプロアマ問わず支持されているセミホロウボディは無いと思います。
ジャズだけでなくロック・ブルースなど幅広く活躍できるので、始めの1本として購入しその後ずっとご愛用頂く事も可能です。
また、イシバシ楽器では中古も多く販売しておりますので掘り出し物が見つかるかもしれません!
◆中古のセミアコ在庫一覧はこちら!

 

 ◆ギブソンES-335をより詳しく知りたい方はこちら!FIND!特別編「Gibson/ES-335徹底解剖!」



※上記販売価格は変動する場合がございますのでご了承ください

 

いかがでしたでしょうか?気になるギターは見つかったでしょうか?

上記以外でも気になる商品があればお気軽にお問い合わせお待ちしております!また、当店ではお手持ちの楽器の下取り中古商品のご用意も豊富にございます。

お問い合わせはお近くのイシバシ楽器店/またはオンラインショップまで!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

◆分割金利ゼロキャンペーン実施中!!



 

◆イシバシ楽器 お買い物TOP

 
◆こんな記事も読まれています

・初心者におすすめのマルチエフェクター10選!



 

・エレアコおすすめ10選 



 

・オトクに簡単にワイヤレス!LINE6/SPIDER V MKIIシリーズ



 

・YAMAHA パシフィカの上位機種 600シリーズのNewモデル!



 

Category