あの世界一有名なダブルネックをイメージした2016年限定モデル!!

Gibson Gibson 2016 新製品 エレキギター
GuitarQuestをご覧の皆様、初めまして、心斎橋店エレキギター担当の吉村と申します。

今回よりこちらにギブソン関連のコラムを投稿させて頂く事になりました!何卒宜しくお願いします。

早速ですが、今回は、先日ナッシュビルより届いたばかりのナイスな1本をご紹介したいと思います。
それがこちら!
DSC_0305

Gibson Custom Shop / 2016 JAPAN LIMITED Mid 60s EDS-1275 Double Neck


出ました!

レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジや、イーグルスのドン・フェルダー、ラッシュのアレックス・ライフソン等、そうそうたる顔ぶれの名手達に愛されたギブソンが誇るダブルネックモデルEDS-1275でございます!

ちなみに、モデル名の由来は、ギブソン社を代表するフル・アコースティックギター、ES-175のダブルネックモデルとして誕生した事によります。ですので、当初は、スプルーストップの薄型ホロウボディシェイプという現在とは全く違うルックスでしたが、レスポールが今のSGシェイプにモデルチェンジした、翌年に当たる1962年に本機も現在のSGシェイプに変更されました。

ダブルネックと言えば、なんと言っても有名なのはレッド・ツェッペリンの名曲「天国への階段」のライブ映像!
ジミー・ペイジはFENDER エレクトリックXIIにてレコーディングされた「天国への階段」の12弦パートをステージにて再現するにあたって、ブルース・ギタリストのアール・フッカーが本機を使用していたのを思い出しギブソンにオーダーしたと言われています。
あの12弦パートの間奏から、6弦でのギターソロへ入っていく際のネックチェンジには本当に憧れました!

 

ここまでご覧いただいた方の中には、もうお気づきの方もおられるでしょう!
そうです、こちらの1本はそんなジミー・ペイジが使用していたEDS-1275をイメージしてオーダーされた特別な1本なのです!!

DSC_0306DSC_0307

特筆すべきはなんと言っても、このテイルピースの位置でしょう。通常のモデルよりもかなり後方に配置される事でブリッジとテイルピースの間隔がかなり広くなっております。こうする事で弦のテンションが緩くなりサウンドも変化します。ペイジマニアの方には1番嬉しいポイントですね!

DSC_0310

他にも、スピードノブとも呼ばれるバレルノブや、カバーの外された6弦側のピックアップ、「CUSTOM」刻印入りのトラスロッドカバー、大きなセレクターノブなどファンには嬉しい仕様が目白押しです!

また、ピックアップには、Historic Collection 1959 Les Paul Heavily Agedなどに搭載され好評を博したUSディーラーオリジナルのEバッカーを搭載。
現行のカスタムショップ製レスポールの多くのモデルに使用されているカスタムバッカーは、アルニコ3マグネットを使用しておりますが、こちらはより磁力の低いアルニコ2マグネットを使用。
クリーントーンでは繊細なサウンドを響かせますが、歪ませた時には粘りのある伸びやかな中域が顔を出し、そのサウンドはクセになる事間違い無しです!

今回JAPAN LIMITEDとして完成した本モデル、入荷は僅少ですので是非チェックしてみてください!

お問い合わせはイシバシ楽器心斎橋店ギターフロアまでお気軽にどうぞ!!
06-6241-1484
shinsaibashi@ishibashi.co.jp

この記事を書いた人

吉村 章生
昭和55年生まれ(1980年)、大阪府出身。心斎橋店ストアマネージャー。幾度のギブソンファクトリー訪問経験を経て、ギブソンプロダクトスペシャリストに認定。フェイバリットミュージックはロック、ブルース、パンク等。

Category