【EVH 通信】♯4 EVHといえばこれでしょう!!Stealth Black !!

EVH エレキギター
いつもイシバシ楽器のご利用誠にありがとうございます。
EVH担当・新宿店サブマネージャーの在原です。

EVH通信を第4回を迎えたところでEVHの代名詞とも言える逸品が入荷しました!!
今回は素直に商品のご紹介だけ致します!!

ちなみ・・・今までのEVH通信はこちらからご覧いただけます。是非EVHワールドをご覧下さいませ。
【EVH通信】♯1はこちらから

【EVH通信】♯2はこちらから

【EVH通信】♯3はこちらから

それではいってみましょう!!
alt=
EVH / Wolfgang USA Ebony Fingerboard Stealth Black S/N:WG03723A
販売価格 486,000円 (税込)
製品の在庫はこちらからご覧ください

いかがですか!!言わず知れたエディ・ヴァンヘイレンのメイン機です。2009年EVHから発売時、Wolfgangでは1機種、3カラー(Black・Ivory・Tobacco Burst)のみでした。 当時エディ・ヴァンヘイレンは Ivory・Tobacco BurstカラーのWolfgangのギターを好んで使用していたイメージがございます。ちなみPEAVEY製から大きな変更点もなく(ヘッド形状など変わりました)、ボディ材もトップはメイプル・バックはバスウッドとなっていました。

さて Stealth Blackが発表になった際、まさかエディ・ヴァンヘイレンのメイン機となるとは想像ができなかったです。それぐらい私にとっては意外でしたw
今までのエディが守ってきたスペックが大幅に変わっています。恐らく新たなチャレンジをされたかったのでしょうか?飽くなき探究心はさすがとしか言えません。

それでは観ていきましょう。まずはボディ・ネック。
alt=alt=

セレクトされた軽量のバスウッド/アーチド・トップボディにやや角度を付けたネックをボトルオン。こちらもセレクトされた上質の柾目のメイプルネック内には2本のグラファイト製トラスロッドが埋め込まれており、反りの心配もほとんど無く精度は抜群です!
非対称ネック/22フレット仕様で、フレットにはやや低めのステンレス製のヴィンテージタイプを採用。 さらに握り易いコンパウンド・ラジアス(12”to 16”)ネックを取り入れ、独特のヒールカットが採用されるなどエディ・ヴァンヘイレンのプレイを支えるには欠かせない作りとなっています。そして何といっても今までのシグネチャーモデルになかったエボニー材を指板に採用しています。エボニー材を合わせる事で非常に立ち上がりが早く、タイトなサウンドになっています。

alt=

ファンの方ならお分かりでしょう。
本機の特徴の1つとして、Volume Potが Low Friction となっています。非常に動かすのが軽いPOTとなっていてヴォリューム奏法を多用するエディ・ヴァンヘイレンには欠かせない部分となっています。トーンに関しては逆に High Friction Pot となっていて回すのが固めとなっています。

サウンド肝のピックアップには名器ディマジオ「Tone Zone」の流れを汲む「Custom Designed EVH Humbucker」2基が搭載 。このモデルのみに搭載される Custom Designed EVH Humbuckerはエディ・ヴァンヘイレン監修の元、特別にカスタムされた本機の為に生まれてきたピックアップです。ゲインの高いアンプに繋げば近年エディ・ヴァンヘイレンが出しているトーンを体験できるでしょう!

エディ・ヴァンヘイレンファンでなくても扱いやすい万能ギターです。ぜひ、その素晴らしいサウンドを店頭にて体験してみてください!!

石橋楽器全店のEVH製品はこちらからどうぞ

この記事を書いた人

在原 央顕
スターキー星に師事。国内最高レベルのノウハウを持ったスタッフとして米国ギブソン・ファクトリーを定期的に訪問し、木材選定やカスタムオーダー、買付け等を行っている。その他にもJames TylerやSuhrなどのハイエンドギターにも精通している。フェイバリットミュージックは60~70年代ブルース・ブルースロック。特にB.B.キングやフレディ・キングを愛聴。数ある製品の中から皆様が相棒として相応しい、最高の1本を探すお手伝いをさせて頂きます。

Category