マンスリーリミテッド!Gibson Early 1960s J-45 Wine Red

Gibson Montana Acoustic アコースティックギター
Gibsonのアコースティックギターといえば・・・一番に「J-45」が思い浮かぶかたは多いかと思います。

そんなJ-45もGibsonレスポール同様、年代と共にスペックが変化していくわけですが、、、

その中でも群を抜いて人気なのが1960年代仕様なんですよね~~

今までも限定でいろいろな60sスペックモデルが発表されてきました!

今回ご紹介するのは、マンスリーリミテッドで誕生した、1960年代前半のNECKがフィーチャーされた「Gibson Early 1960s J-45 Wine Red」です!

gibson-j-45-wr

 

ワインレッドカラーはやはりアダルトな雰囲気を醸し出しますね~~♪

'60年代後半にレアカラーで、エボニー(ブラック)やチェリーレッド、ブラウントップなど存在していましたが、その”レアカラー”を狙っているのでしょうか~~♪

ラージピックガードにGibsonのスタンプロゴも60s好みには嬉しいですね~

そして肝心のNECKはというと・・・

1940年代の丸太のような極厚・極太NECKからはじまり、1950年代は太めではありながらも40年代よりかはナット幅もグリップも若干スリムになります。

1960年代に入ると半ば頃までは、ナット幅はそれほど変わらないものの、50年代よりもスリムなNECKグリップになっていきます。

60年代後半は、ご存知”ナローNECK”になるわけですね~~。

今回のモデルは、60年代前半(半ば頃まで)のNECKスペックを再現しています。

ナット幅は1.687インチ(42-43mm)で、レギュラーのJ-45 STANDARDの1.725インチよりも幅狭になっています。

NECKグリップはレギュラーのJ-45 STANDARDよりもやや肉厚でラウンド型になっています。

このNECKグリップも相まってか、レギュラーのJ-45よりもローミッドがよく出てくれます!!ペグはGROVERロトマチックよりも軽い3連クルーソンタイプなんですが・・・びっくりです!!

そして、L.R.BAGGSのElement VTCを搭載!!これは素晴らしいピックアップシステムですよ~~!

各帯域ムラがなく、粒立ち良く出力してくれます!!これはプリアンプ部に内蔵されているロー・フリケンシーコンプレッサー(LFC)が威力を発揮してくれています!

今までありそうでなかったスペックで、これはおススメですよ~~♪

 

 

Category